ホーム  > 経営コラム  > ナンバーワンとナンバーツーだけでは行き詰る

ドラッカーの名言

未来に何かを起こすには勇気を必要とする。努力を必要とする。ピーター・ドラッカー


ナンバーワンとナンバーツーだけでは行き詰る

経営チームトップマネジメン.jpg

複数の人間が協力して、多様な課題を同時に遂行する必要が生じたとき、
組織はトップマネジメントチームという骨格を持つように変身しない限り、
組織は管理不能となり、計画は実行に移されなくなる。
失敗を重ね、停滞し、坂を下る。

ピーター・ドラッカー

 

事業を成長させていくために

 

経営チームトップマネジメント10.jpg

問題を解決すれば良くなっていくー。
私達はそう思い込んでしまいがちです。
問題の解決はマイナスがゼロになるだけです。
問題の解決は現状維持に過ぎません。

 

社長の役割は「問題を解決すること」ではなく、
「未来をを開拓すること」です。
しかし、社長の所に多くの人が
社長の時間を奪いにやってきます。
社長を翻弄させるかのように、
社長の所に多くの問題がやってきます。

 

専務や副社長といったナンバーツーの役割は、
ゴールキーパー役と言えましょう。
一方、ゴールキーパーには
取れるボールと取れないボールがあります。
ゴールキーパーが取れないボールは、
そのボールがゴールキーパーに飛ぶ前に、
ほかの誰かがそのボールを阻止しなければなりません。
しかし、阻止すべきボールを阻止してくれる人が
いなければ失点を繰り返します。

 

ナンバーワンとナンバーツーだけで
経営チームという体制がなければ、
目の前の問題に対処することで精一杯になり、
トップマネジメントの仕事は疎かになります。
トップマネジメントの仕事とは何でしょうか。
ドラッカーはこう言っています。

 

複数の人間が協力して、多様な課題を同時に遂行する必要が生じたとき、
組織はトップマネジメントチームという骨格を持つように変身しない限り、
組織は管理不能となり、計画は実行に移されなくなる。
失敗を重ね、停滞し、坂を下る。
ピーター・ドラッカー

 

 

前記したように、社長の所に多くの人が
社長の時間を奪いにやってきますし、
社長の所に多くの問題がやってきます。
社長を雑務から守る助さん格さんがいなければ、
社長は問題に対処する掃除屋になってしまいます。

 

社長が、その時その時に起こる事象に逐一反応し、
その日その日の問題に対応してしまえば、
トップマネジメンの仕事が疎かになります。

 

成果をあげるためにはチームワークが必要です。
しかし、ナンバーワンとナンバーツーのそれぞれが、
それぞれの仕事に追われいるだけではチームワークは生まれません。

 

ナンバーワンとナンバーツーという体制は、
サッカーで言えば、11人必要なところ
4人しかいない状態と同じです。
ナンバーワンとナンバーツーが日々の仕事に
対応しているだけでは事業の成長はやがて停滞します。

 

経営チームの体制をつくり、経営チームのメンバーそれぞれが、
自分の得意分野に徹することによってはじめて、
事業を成長させていくことができます。
ナンバーワンとナンバーツーだけでは必ず行き詰ります。
事業を成長させていくためには、経営チームが必須なのです。

 

 

ドラッカーを学びたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.