ホーム  > 会社概要  > 経営理念

トップマネジメント株式会社

私たちは、年商100億円から300億円の企業様に経営チームをつくるお手伝いをしています。


経営理念

トップマネジメント株式会社_経営理念_900.jpg

一枚岩の経営チームこそが事業を繁栄させる

 

 

会社の先行きのことを考えるのは社長一人

社長は、自分のエネルギーを会社の推進力に変えるために、
人知れぬ辛労と向き合いながら、多忙な日々を駆け抜けています。
必ずやってくる危機を備え、常に先手を打ち、
事業をを操縦しているのは社長一人と言ってもよいでしょう。

社長が関わりを持つ人は、役員幹部、社員、主要取引先の担当者、
業界の関係者、株主、各種メディアなど数えきれないほどあり、
社長の仕事は一人でやりきれるものはありません。
社長を支えるはずの役員は、担当部門の仕事に忙しく、
よくて社長の助手にとどまってしまうのが現実です。
会社の先行きのことを考えるのは社長一人となってしまいます。

 

経営はチームによる仕事

社長のエンジンは常にフルに回転しています。
しかし、船はエンジンの回転だけでは進みません。
エンジンの回転を推進力に変えるためには、スクリューが必要です。
スクリューとなるものが、経営チームです。

企業の成功が活字になる時、それがトップ一人の功績として取り上げられます。
しかし、成功している企業のトップは、必ず誰かの力を借りて成功しています。
誰の力も借りることなく成功した人など一人もいません。
一代で巨大な事業に発展した企業であっても、
それは一人の人間によって成し遂げられたものではなく、
役割を分担する協働によって成し遂げられたものです。

 

お互い自分の考えを言い合える

一方、CEOのほか、CFO(財務責任者)、CMO(マーケ責任者)、
CSO(戦略責任者)、COO(執行責任者)、CHO(人事責任者)、
CIO(情報責任者)といった役職を持つ役員がいるから経営チームがあると
考えてしまいがちです。重要なことは、「役者が揃っていること」ではなく、
「チームとして機能しているかどうか」です。

経営チームは、組織上の上下関係はありながらも、
お互い自分の考えを言い合える間柄です。
それが、チームワークになくてはならないものです。
チームワークがなければ、不可能な仕事は不可能なままで終わり、
チームワークが不可能な仕事を可能にします。

 

チームとして機能している会社は

現実、経営チームがチームとして機能していない会社は、
無数の会議が開催されるだけで何も決まらず、
いつも同じ問題に追われて停滞しています。
それに対して、経営チームがチームとして機能している会社は、
数々の議案が次々に決定され、常に新しい課題を追いかけ発展しています。

 

 

日本経済新聞に掲載

 

日本に来たドラッカー 初来日編
日本経済新聞社_ドラッカー.jpg

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
 

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.