ホーム  > よくある質問  > 経営者の仕事について  > 経営者の仕事 経営トップがしてはいけない事は?

ドラッカーに関するよくあるご質問

私たちは、年商100億円から300億円の企業様に経営チームをつくるお手伝いをしています。


経営者の仕事 経営トップがしてはいけない事は?

097.jpg

最低の士気は、ワンマン社長がいかなる反対も許さず、
すべての意思決定を自ら行おうとする中小企業に見る事ができる。
最悪のコミュニケーションも、社長が自らの胸にすべて納めている
という典型的な中小企業に見られる。最悪な組織構造についても、
誰が何を行っているかさえわからない中小企業にこそ見ることができる。
ピーター・ドラッカー『現代の経営』

人の権限を侵すこと

 

社長の役目は、会社を、自分以上の会社にすることです。
それは、"働く人それぞれが、"これが、わたしの仕事である"
と言える状態をつくることです。
ゆえに、社長がしてはいけない事は、幹部の権限を侵すことです。

 

幹部が決定したことを社長が撤回するようなことをすれば、
「どうぜ、決めるのは社長だから、社長の了解を得ればいい」
といった文化が形成され、いつまでも組織は「社長ばなれ」しません。
それでは、組織は、弱くなる一方です。
そうなれば、社長自身も、社員も、そして、お客さんが不幸です。

 

決定したことを撤回が必要な場合もあるでしょう。
かりに、そのような場合でも、決定した幹部本人とじっくり話をしてください。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.