ホーム  > よくある質問  > 中期経営計画の作り方  > 成長企業の経営計画はどんな形ですか?

よくあるご質問

成功している企業のトップの仕事はチームで行われている。ピーター・ドラッカー


成長企業の経営計画はどんな形ですか?

経営会議1.jpg

目標は、事業の存続と繁栄に直接かつ
重大な影響を与えるすべての領域において必要である。
目標を設定すべき領域は八つある。マーケティング、イノベーション、
生産性、物的資金的資源、マネジメント能力、人的資源、
社会的責任、利益である。
ピーター・ドラッカー

伸びてる会社がやってる経営計画の立て方

 

ほとんどの会社が経営計画を立てています。
立てた経営計画によって伸びる会社と伸びない会社があります。
その差はいったいどこにあるのでしょうか?。

伸びる会社がやっている経営計画の立て方を紹介します。
経営は、「人と社会のお役に立つこと」であって「売上げを上げる方法論」ではありません。
経営は、「喜んでいただける方を創り出すこと」です。
したがって、経営目標も、使命の実現に向けたものでなければなりません。
つまり経営目標は、「喜んでいただける方を創り出すために、
何を行うかが具体的にわかるものです。では何を決めればいいのでしょうか?。

ドラッカー教授は、次のように言われています。
「目標は、事業の存続と繁栄に直接かつ
重大な影響を与えるすべての領域において必要である。
目標を設定すべき領域は八つある。
マーケティング、イノベーション、生産性、物的資金的資源、
マネジメント能力、人的資源、社会的責任、利益である」。
経営目標とは、8つのことを決めることです。

ドラッカー教授はさらにこう言われています。
「これらのうち鍵となる領域は企業によって異なり、
成長段階によって異なる。しかし、事業、景況、規模、成長段階の如何にかかわらず、
目標を設定すべき八つの領域そのものは変わらない」。
経営計画を立てる際には、必ず八つの領域それぞれに目標を決めてください。
伸びている企業はそうしてます。
あの、国内大手のカジュアルウエアの会社も…。

  1. マーケティング
  2. イノベーション
  3. 生産性
  4. 物的資金的資源
  5. マネジメント能力
  6. 人的資源
  7. 社会的責任
  8. 利益

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.