ホーム  > 経営人材の育成  > 後継者はこう育成する

経営人材の育成

明日のトップマネジメントを育成しなければならない。


後継者はこう育成する

事業を伸ばしたい_トップマネジメント_140.jpg

明日マネジメントに当たるべき人間を今日用意しなければならない。
明日のための人材、特に、明日のトップマネジメントを育成し、
組織の精神をつくりあげなければならない。
ピーター・ドラッカー

明日のトップマネジメントを育成

 

後継問題をどうするか

経営者の仕事は「会社の将来をつくることです。会社は、経営者の考えに基づいて動いています。
かといって、物事を決めてもらうことに慣れた人間しかいない会社に将来はありません。
会社には、自分たちで考え、自分たちで決め、自分たちで行動を起こす人間が必要です。
一方、これまでの成功を築いてきた年長者は、豊富な経験があると同時に、
過去の成功に固執してしまいがちです。
これからの成功を邪魔するのは、常に過去の成功体験です。
将来、会社が遭遇する課題はこれまでと違う種類のものです。
必要なのは、「現在の業務に慣れた家来」ではなく、「将来を切り拓く同志」です。

同じ汗をかかなければわからないことがたくさんあります。
世代バランスのとれた新旧混合の経営チームをつくれば、
後進はあなたがどんな想いで仕事をしているかを知ることができ、
あなたがどのようにして成功を築いてきたかを理解することができます。
こうして新旧世代の体験を共有でき、「後進を会社の将来を切り拓く同志を
育てていく」ことができます。

 

後継問題を解決

経営者の仕事は「事業を継承することです。
一子相伝。この言葉はあるアニメがきっかけで有名になった言葉ですね。
一子相伝とは、「自分の子供一人だけに奥義を伝えること」です。
後継者の選定も子供に限定されないまでも、一人に相伝することが一般的な通念になっています。
誰かに引き継ぐタイミングが来たときに引き継ぎを始めてもうまくいきません。
経営の継承は短期間でできないからです。

ドラッカーは、やり直しのきかない最も難しい仕事がトップの継承だと言っています。
一人の人間に引き継いだあとになって選任ミスだとわかっても、
簡単に交代させることはできません。3人の経営チームをつくれば、
3人が3人とも一度に交代することはありません。
3人のうち1人を入れ替えることは容易です。あとになって選任ミスだとわかっても、
他の2人がそれを改め、正すことができるため、取り返しのつかない問題に至らず、
危険な交代を安全な入れ替えで済ませられます。
経営チームをつくることによって、「後継問題を解決」することができます。

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 総合法令出版 1,400円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

よくある質問「経営人材の育成」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.