ホーム  > 経営人材の育成  > シリコンバレー体験記

ドラッカーが教える経営人材の育成

私たちは、年商100億から300億の企業様に経営チームの支援をしています。


シリコンバレー体験記

ドラッカー経営人材育成907.jpg

大事なのは次の世代

 

どんな成果をあげるべきか

私はシリコンバレーに出張に行った時にこんな話を聞きました。
業界全体が不振の中、一番最初に業績不振から脱した会社がありました。
歴代の社長は6代にわたって組織を変えようと改革に取り組みましたが、
すべて失敗に終わりました。7代目の社長は、経営チームのメンバーに
「どんな成果をあげるべきか」を尋ねました。

 

行うべきことを行う

経営チームのメンバーは、これまで自分たちの考えを主張する機会がなかっただけで、
それぞれしっかりとした考えを持っていました。
経営チームは「自分たちがあげるべき成果は、顧客単価を増やすことだ」と答えました。

社長は経営チームのメンバーに、「それをやっているお店はどこだ?」と尋ねました。
確認してみると、98店舗あるうち17店舗が、既にそれを行っていました。
社長は、その17店舗の店長に「他の店長にそれを教えてあげてほしい」と
指示を出しました。あげるべき成果をあげている店長が行っていることを
他の店長が共有し、すべての店長がそれを実行するようにしました。
こうしてこの会社は、業界全体が業績不振に悩む中にあって、
業績不振から脱したのでした。

この成功は、「新しいことを行ったこと」によるものではなく、
「行うべきことを行ったこと」によるものです。
歴代の社長は、何代にもわたって、経営チームのメンバーがしっかりとした考えを
持っていると思っていなかったために、「行うべきこと」を見つけられなかったのです。
経営チームのメンバーは、しっかりとした考えを持っているものです。
ドラッカーはこう言っています。

 

新種のスーパーマンを育てることはできない。
現在の人間を持って、組織をマネジメントしなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

われわれの役目

経営チームのメンバーに「どんな成果をあげるべきか」を尋ね、
うまくいっていることを見つけ出し、それを組織で共有していきましょう。
経営人材の育成とは「彼らに知識を詰め込むこと」ではなく彼らの成功を活かすこと」
です。現実を直視しながらも、目の前のことにとらわれず、その向こうにあるものを
見ていきましょう。彼らの今の能力を測るのではなく、彼らの人間を見るのです。
彼らの未来を見るのです。そこに、御社の素晴らしい未来があります。
大事なのは次の世代です。ありのままの彼らの質を高めることに貢献することこそ、
われわれが引き受けるべき、われわれの役目ではないでしょうか。

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,600円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

 

経営人材を育てたいとお考えの社長様へ

 

お客様事例_経営チーム1401.jpg

明日のトップマネジメントを育成し、 組織の精神をつくりあげなければならない。
ピーター・ドラッカー

将来にわたって繁栄し続けるためには、人材育成が不可欠です。
会社の明日を担う、経営人材を育成しましょう。

ドラッカーの経営人材育成の研修」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.