ホーム  > 経営チームの課題  > 上場企業の経営チーム2つの決定

ドラッカーが言う ”経営チームの課題”

トップマネジメントはチームによる仕事である。ピーター・ドラッカー


上場企業の経営チーム2つの決定

ITmediaエグゼクティブ.jpg

複雑な大企業、ましてグローバル企業には、
通常、一つではなくいくつかのトップマネジメントチームがある。
自立した部門のそれぞれもまた事業である。
したがって、それらの部門ごとにトップマネジメントが必要であり、
トップマネジメントとしてなすべきことがあり、活動がある。
ピーター・ドラッカー

事業部ごとにトップマネジメントチームが必要

 

アクションポイント
最近行った組織の再編で得た効果を書き出してください。

 

事業部ごとに、経営チームが必要

大手企業は、事業の規模、抱える社員の数からして、中小企業の合衆国です。
事業部ごとに経営チームが必要です。組織の大きさから、
あらゆる仕事は正式なルートで進めなければならないため、
意思疎通に多くの時間をとられます。
「調整」という名の根回しに時間と労力を奪われます。
気がついたときには官僚的な組織になっていて、
お客様のことよりも組織の内部事情が優先されるようになり、
社内手続きそのものが仕事となっています。

 

人員の配置の見直す

大手企業は組織も大きく、既に仕事が複雑に絡み合っているため、
融通の効く人間に仕事が集中します。
その結果、一人の人間が多くの兼任を担うようになります。
責任と権限が無法地帯となり、属人的な利便性に回帰していきます。
一度は整えられた組織はこうして歪みはじめ、、組織の力はいつの間にか低下していきます。
兼任が多いのは、トップが挑戦を避けている表れです。
将来、確実に事業の成長は減速するので、
今のうちに組織の再編と人員の配置の見直しを行ってください。

 

上場企業に必要な2つのアクション

大手企業の経営チームが行うべきことは3つです。1つは原点回帰です。
そのために「5つの問いで経営の根幹を問いただす」ことを行ってください。
2つ目は、もはや人材育成ではなく、社内に経営人材の育成機関を新設することです。

  1. 5つの問いで経営の根幹を問いただす
  2. 社内に経営人材の育成機関を新設する

 

 

経営はチームとして機能してこそ会社の力が発揮されます

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 総合法令出版 1,400円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

よくある質問「経営チームについて」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.