ホーム  > 経営チームの課題  > この3つの事が、将来を左右する!

ドラッカーが言う "経営チームの課題"

私たちは、年商100億円から300億円の企業様に経営チームをつくるお手伝いをしています。


この3つの事が、将来を左右する!

トップマネジメント011.jpg

事業部を担当する者はトップマネジメントの仕事を行うには忙しすぎる。
そのためトップマネジメントとしての貢献は何らできない。トップマネジメントの責任を担う者は、
トップマネジメントの仕事ではない責任を担わなくてもよいようにする必要がある。
トップマネジメントのメンバーとなった者は、それまで担当していた仕事からは
完全に手を引かなければならない。誰かに引き継いでしまわなければならない。
さもなければ、いつまでたっても現在の仕事から足を洗うことはできない。
ピーター・ドラッカー

将来を命運を決める3つのこと

 

アクションポイント
今、手が打たれていない重要な課題は何か書き出してください。

 

中小企業の延長でもなく大企業の手前でもない

中堅企業は、中小企業の延長でもなく大企業の手前でもない微妙な領域に根を張っています。
だいたいが二代目か三代目の世代を迎えています。
歴史を持つがゆえにベンチャーのような改革に社員が慣れていないため、
変化への適応力は強いとは言えません。
一方で、形式的な内部手続きを形成していかなければならない課題が山積しています。

 

成長を減速させる要因

中堅企業の場合、経営者は社長のほか数名の取締役がいます。
中小企業と同じように、「取締役兼○○部長」という肩書きを持ち、
取締役のほとんどが現場の仕事に追われています。
そのため取締役は経営チームの仕事に貢献することができません。
これが、中堅企業の成長を減速させている最大の要因です。

 

中堅企業3つの課題

中堅企業の経営チームで押さえておくことは3つです。
1つは、経営メンバーの再編です。
古参の人間は動かせないと言っていたら会社は死んでしまいます。
2つ目は、事業を成長させるために不可欠な分野に責任者を立てることです。
そうしなければ、事業の成長に必要な手が打たれなくなり、事業の成長は減速していくだけです。
3つ目は社長は、得意としない仕事に、口を挟まないことです。

  1. 経営メンバーの再編
  2. 事業の成長に不可欠な分野に責任者を立てる
  3. 社長は得意としない仕事に口を挟まない

 

 

経営はチームとして機能してこそ会社の力が発揮されます

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,600円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

よくある質問「経営チームについて」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.