ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 会議の生産性をあげる

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 会議の生産性をあげる

iStock_00000036140.jpg

会議の生産性をあげるには、事前に目的を明らかにすることが必要である。目的が違えばそのための準備もその後の成果も違うはずだからである。
ピーター・ドラッカー『経営者の条件』

成果をあげる会議

 

無駄な会議をやっていない組織もほとんどありません。多くの組織が、時間という貴重な資源を浪費しているのが現実です。したがって、会議を生産的なものにすることは、成果をあげるために極めて重要なものです。まずは、会議を生産的なものにするためには、目的を明らかにするを必要とします。

良い会議であるためには、事前に議題が知らされ、進行役、参加者、議事録係り)が存在し、決めた事が行動に落とされていることです。最後に、最も重要なのは、トップが聞き手であることであることです。トップが話してに回ったら誰も話をしなくなり会議は機能しません。

  1. 事前に協議内容が知らされている
  2. 会議の目的が明らかにされている
  3. 進行役、参加者、議事録係り)が存在する
  4. 開始と終了の時間が守られている
  5. 決定事項が行動に落とされている
  6. トップが聞き手であること

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.