ホーム  > 経営コラム  > 争いは不要でも対立は必要

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


争いは不要でも対立は必要

経営チーム900140.jpg

正しい決定は、共通の理解と、対立する意見、
競合する選択肢をめぐる検討から生まれる。

ピーター・ドラッカー

 

発言できる状態をつくる

 

経営チーム9002.jpg

ソニー創業者の盛田昭夫氏が副社長、
田島道治氏が会長だった頃の話です。

 

盛田氏と田島氏は意見の食い違いが度々ありました。
盛田氏はあるとき、意見の相違で、
田島氏が怒っているのを承知で、
自分の意見を強硬に主張し続けました。

 

田島氏は盛田氏にますます苛立ちました。
その苛立ちが限界に達した田島氏は盛田氏にこう言いました。

「盛田君、君と私は意見が違う。
私は絶えず意見が対立するような会社に
いようとは思わない。今すぐ辞める。」

 

盛田氏は臆せずこう言いました。

「◇お言葉ではありますが、あなたと私が
すべての問題についてそっくり同じ考えを持っているなら、
私たち二人が同じ会社にいて、
給料をもらっている必要はありません。
その場合、私かあなたのどちらかが辞めるべきでしょう。」

 

盛田氏は続けて言いました。

「◇この会社がリスクを最小限に抑えて、
どうにか間違わないですんでいるのは、
あなたと私の意見が違っているからではないでしょうか。
どうぞお怒りにならず、私の考えを検討してみてください。
私と意見が違うからと言ってお辞めになるというのは、
会社がどうなってもよいということでしょうか。」

(◇ソニー創業者の盛田昭夫氏)

 

 

正しい決定は、共通の理解と、対立する意見、
競合する選択肢をめぐる検討から生まれる。
ピーター・ドラッカー

 

 

盛田氏が田島氏に言ったことを要約すると、
次のようになります。
「成果を生む意思決定は、
対立する意見による熟考の果てに生まれるのです。
だから、これからも徹底的に話し合っていきましょう。」

 

ファーストリテイリングの柳井会長もこう言っています。

「〇形式的なことを重んじる会社は、社長が言ったとおり、
寸分たがわず実行している。それは単なる帳尻合わせに
過ぎない。それで失敗している会社は多い。」

 

「〇社長の言っていることを
すべて真に受けて実行していたら、
会社は間違いなく潰れてしまう。いい会社は、
社長の言っていることをそのとおり行っていない。

 

「〇表面的に社長の言葉だけを聞くのではなく、
社長の言いたいことの本質を見極め
どう具体化するかを考える。そして、実行する。
これが立派な会社です。もっと、社内で、
発言できる状態をつくることが必要だ。」

(〇ファーストリテイリングの柳井会長)

 

成果を生む意思決定を生み出すために、
御社の経営チームも徹底的に話し合ってください。

(~『ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方』より~)

 

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

著 者 : 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,600円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

ドラッカーをさらに知りたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2019 Top management All Rights Reserved.