ホーム  > 経営コラム  > 経営チームについて 700名の企業 "チームで行う経営に"

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


経営チームについて 700名の企業 "チームで行う経営に"

トップマネジメント

それぞれの強みに応じて、いずれの活動を担当すべきか、いずれの活動に適しているかを考えなければならない。こうして、ようやくトップマネジメントチームを構成できるようになる。重要な仕事は、すべて実力のある者が担当するようにしなければならない。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

某IT企業で、トップマネジメントチームをつくる

 

事業の成長に伴って組織はトップひとりでマネジメントできる規模を超えていきます。しかし、マネジメントが機能しなくなったとき、その認識がないために打つべき手立てが打たれていないとうい会社が少なくありません。やがて混乱の度が増し、深刻な状況を招くケースがこれに当てはまります。

 

会社は継続的に成長させていかなくてはなりません。会社を継続的に成長させていくためには、トップマネジメントチームが必要です。誰が何と言おうとこれは断言します。では、どうすればトップマネジメントチームをつくることができるのでしょうか。

 

トップマネジメントチームが一夜にしてできることはまずありませんし、「こうすればできる」といった科学的方法はありません。しかし守らなければならないことははっきりしています。それは、トップマネジメントチームの一人ひとりが次の6つを守るかどうかで組織全体の繁栄が決定づけられます。ぜひこの6つを厳守すると決めて仕事を進めてください。

 

  1. 成果をあげるために欠くことのできない取り組みを明らかにする
  2. チーム一人ひとりの強みを明らかにする
  3. 一人ひとりの強みに応じて、取り組みの責任者を決める
  4. トップは、幹部の決定をひっくり返さないこと
  5. 組織全体の視点に立った発言に徹すること
  6. 建設的な意見の衝突を避けないこと

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.