ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーが教える優先順位を決める4つの視点

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


ドラッカーが教える優先順位を決める4つの視点

経営者の条件2

優先順位の決定には、いくつか重要な原則がある。
すべて分析ではなく勇気に関わるものである。
第一に、過去ではなく未来を選ぶ。第二に、問題ではなく
機会に焦点を合わせる。第三に、横並びではなく独自性をもつ。
第四に、無難で容易なものではなく変革をもたらすものを選ぶ。

ピーター・ドラッカー

 

あなたは優先順位を考えるとき

 

重要な仕事をリストアップして重要なものに
チェックを入れようよすると、すべてに丸がついてしまう。

 

経営者でなくてもそのような経験があるかと思います。
経営者ならなおさらです。すべての仕事が重要なのです。
だからこそ、優先順位を明確化が必要になってきます。
「優先順位を明確にする」ということは
「意思決定する」ということです。

 

その優先順位に迷った時、どのような基準で決めているでしょうか?。
組織内部の事情であったり、組織内部の都合だけで、
優先順位を決めてしまうかもしれません。
ドラッカー教授は、優先順位を決定する際の基準教えてくれています。

 

優先順位の決定には、いくつか重要な原則がある。
すべて分析ではなく勇気に関わるものである。
第一に、過去ではなく未来を選ぶ。第二に、問題ではなく
機会に焦点を合わせる。第三に、横並びではなく独自性をもつ。
第四に、無難で容易なものではなく変革をもたらすものを選ぶ。
ピーター・ドラッカー

 

優先順位に迷った時、次のような視点で考え、
決定していかれることをお薦めします。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッガーが教える最強の事業継承の進め方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2021 Top management All Rights Reserved.