ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーの名言 昨日の前提で明日をつくらない

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


ドラッカーの名言 昨日の前提で明日をつくらない

000009463231.jpg

昨日を捨てなければ、明日をつくることはできない。意識して体系的に廃棄をしないかぎり、組織は次から次へと仕事に追われる。行ってはならないこと、もはや行うべきでないことに資源を浪費する。
ピーター・ドラッカー『経営者の条件』

昨日を捨てて明日をつくる

 

事業とは、社会の問題を解決することです。当然、社会が変われば事業も変わらざるを得ません。自社の事業を考えるとき、現在と未来の二つの視点から見る必要があります。その理由は、前述のとおり、社会は常に変化している ものだからです。

 

ドラッカー教授は社会の変化について、5つのものをチェックする必要性を述べられています。そのうちもっとも重要なものが、人口の変 化です。人口の変化を重要視すべき理由は、その予測は間違いなく現実のものとしてあらわれるからです。

 

たとえば、高齢化社会が進む現在、若い方を対象とし たサービスであれば、市場が伸びると予測できません。つまり、「市場が縮小傾向にあるのであれば今後どうするか?」といったいま取り組む課題がはっきり 見えてきます。いま、この5つの視点で、経営陣の方々ととも、やめるべきことと行うべきことについて協議を進めています。

  1. 人口の変化
  2. 経済
  3. 流行
  4. 競合の動き
  5. 満たされていない欲求

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.