ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーに学ぶ「人材育成」根本的な資質が必要

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


ドラッカーに学ぶ「人材育成」根本的な資質が必要

ドラッカー 人材育成

人を管理する能力、議長役や面接の能力を学ぶことはできる。
管理体制、昇進制度、報奨制度を通じて人材開発に有効な方策を
講ずることもできる。だがそれだけでは十分ではない。
根本的な資質が必要である。真摯さである。

ピーター・ドラッカー

 

真摯さ

 

世の中にはたくさんの経営の本があります。
そのほとんどはただ理論を整理しているだけで、
そこには「人間」という存在がありません。
しかし、ドラッカーの考えの真ん中には、
「人間」があります。だから、ドラッカーのお考えは、
現実に役立つのです。

 

マネジメントといっても、どこまでも自分自身の
成長いかんにかかっています。ドラッカー教著されているものは、
人間一人ひとりが満足する人生を送るためには何が必要か、
自分たちは何のための仕事をするのか、
その仕事は社会においてどのように役に立つのか、
といった根本的なところまで言及されます。
ドラッカーはこう言っています。

 

人を管理する能力、議長役や面接の能力を学ぶことはできる。
管理体制、昇進制度、報奨制度を通じて人材開発に有効な方策を
講ずることもできる。だがそれだけでは十分ではない。
根本的な資質が必要である。真摯さである。
ピーター・ドラッカー

 

 

人が自分の仕事に意味と誇りを見出すとき、
人それぞれの強みは急速に伸びていきます。
自分たちの事業は社会の何を変えようとしているのか。
自分たちは誰に対してお役にたてるのか。
事業の対象となる人たちに自分たちは何をするべきか、
といった仕事の意味と誇りを見出す
思考労働の時間をつくってみてください。

 

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方|山下 淳一郎

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはで
ない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。

ピーター・ドラッカー

 

 

経営チームをつくりたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.