ホーム  > 経営コラム  > PDCAは忘れましょう

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


PDCAは忘れましょう

02.jpg

成果をあげるためには、貢献に焦点を合わせなければならない。
手元の仕事から顔をあげ、目標に目を向けなければならない。
「組織の成果に影響を与える貢献は何か」を
自らに問わなければならない。
すなわち、自らの責任を中心に据えなければならない。

ピーター・ドラッカー

 

 PDCAは、マネジメントの一部でさえない

 

本日は、経営層に向けてたドラッカーのマネジメント研修
を行いました。衣類は人が身に着けるものです。
食べ物は人が食べるものです。建物も人が住むためのものです。
あらゆる仕事がなんらかのカタチで人のためにあるものです。

 

ゆえに、「なんのためにか」ということを
考えなくてもよいはずがありません。
また、衣類は性別やサイズ、食べ物は素材や料理、
建物は独人の方、家族3人、二世帯が住むとなれば、
同じ家でもそれぞれ異なります。
ゆえに「誰に」ということを
考えなくてもよいはずがありません。

 

"PDCAがマネジメントのサイクルである"
ということが世の常識になっています。
これは間違った常識です。

 

言葉を訂正します。
"PDCAがマネジメントのサイクルである"
とは適切とは言えません。
それは、「なんのために」、「誰に」という考えを
持たない状態で、「どのように行うか」という
計画から考えることなどできないからです。

 

PDCAは品質管理の手順であって
マネジメントではありません。
あらゆる仕事が人と社会に良い影響を
与えるものであるために、
HowからではなくWhatから考え、
取り組んでいかなくてはならないのです。

 

マネジメントサイクル
  • 何のために
  • 誰に
  • 何を
  • 何を成果として
  • どのように

 

品質管理のサイクル
  • PLAN  (どのように)
  • Do    (実行する)
  • Check (確認する)
  • Action (行動する)

 

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカー5つの質問 山下 淳一郎

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー

 

ドラッカーを学びたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.