ホーム  > 経営コラム  > 山下淳一郎インタビュー(6)

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


山下淳一郎インタビュー(6)

山下淳一郎140.jpg

明日を実現するための第一歩が昨日を廃棄することである。
明日新しいことを行えるようになるための前提は、
もはや生産的でないもの、陳腐化したものから
自由になることである。

ピーター・ドラッカー

 

6.自分で自分を陳腐化させる

 

山下淳一郎948.jpg

私はシリコンバレーに出張し、大変な衝撃を受けました。
3~4年前からシリコンバレーで起こっている
二つの大きな波がそれです。一つは、デジタル破壊。
ITを駆使したベンチャー企業が既存の事業を破壊していく現象のこと。
アマゾンによって多くの小売店や百貨店、スーパーが潰れています。
ウーバーによって倒産したタクシー会社も数知れません。

 

もう一つは、デジタル革命。デジタル破壊に巻き込まれぬよう、
様々な会社と提携して自ら変革していくという現象です。
例えば、GE(ゼネラル・エレクトリック)はその名のとおり、
もともと電気機器をはじめとする重工メーカーでしたが、
いまソフトウェア会社に変わりつつあり、
ソフトウェアの現在の売り上げは約7000億円、
2020年には二兆円に達すると試算されています。

 

シリコンバレーで起こる現象は、数年遅れで
日本に来ると言われているため、
デジタル破壊とデジタル革命が怒涛の如く
押し寄せてくることは紛れもありません。

 

このように社会が大きな変化を迎えている時に、
そのチャンスを生かし、社会のお役に立つためには何が大事か。
そのヒントがドラッカーの次の言葉に凝縮されています。
「明日を実現するための第一歩が昨日を廃棄することである。
明日新しいことを行えるようになるための前提は、
もはや生産的でないもの、陳腐化したものから
自由になることである。

 

前例踏襲、成功体験への執着を捨て去り、
絶えず自らを変革し、自分で自分を陳腐化
させることによって、常に最先端であり続ける。
ここに一つの解があるのではないでしょうか。

(原稿は出版社の編集者によるものです)

 

☑ 1.ドラッカーの教えに基づき企業を発展へと導く

□ 2.3度にわたるドラッカーとの出逢い

□ 3.経営チームの第一歩は主語を「われわれ」にすること

□ 4.ドラッカー5つの質問

□ 5.人材育成の秘訣とリーダーの条件

□ 6.自分で自分を陳腐化させる

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
ドラッカー5つの質問 山下 淳一郎

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.