ホーム  > 経営コラム  > 山下淳一郎インタビュー(1)

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


山下淳一郎インタビュー(1)

山下淳一郎140.jpg

企業の目的は、それぞれの企業の外にある。
事実、企業は社会の機関であり、その目的は社会にある。
企業の目的として有効な定義は一つしかない。
すなわち、顧客の創造である。

ピーター・ドラッカー

 

1.ドラッカーの教えに基づき企業を発展へと導く

 

山下淳一郎948.jpg

ピーター・ドラッカー。
ビジネスの世界に身を置く者なら
その名を知らない人はいないでしょう。

 

「マネジメントの父」「経営学の巨匠」と称され、
ファーストリテイリング会長・柳井正氏や
ソフトバンクグループ代表・孫正義氏をはじめ、
数多くの企業経営者から師と仰がれており、
没後十年以上を経たいまなお根強い人気を誇っています。

 

私もまたドラッカーの影響を色濃く受けた一人です。
2008年にトップマネジメントという会社を創業し、
以来ドラッカーの教えに基づいてコンサルティングを手掛け、
約100社の上場企業で成果を上げてきました。

 

私の言う成果とは、数字のことではありません。
社長及び取締役が円滑な経営チームを確立することによって、
その会社が長期的に繁栄し続けることです。
「事業の目的は顧客の創造だ」これはドラッカーの有名な言葉ですが、
顧客の創造とは要するに喜んでくださる人を
一人でも多く増やすこと。この言葉のとおり、
売り上げを伸ばすことを目的とせず、
いかにお客様に喜んでいただくかを追求していくことで、
結果として業績も好転するのです。

(原稿は出版社の編集者によるものです)

続く…

 

□ 1.ドラッカーの教えに基づき企業を発展へと導く

☑ 2.3度にわたるドラッカーとの出逢い

□ 3.経営チームの第一歩は主語を「われわれ」にすること

□ 4.ドラッカー5つの質問

□ 5.人材育成の秘訣とリーダーの条件

□ 6.自分で自分を陳腐化させる

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
ドラッカー5つの質問 山下 淳一郎

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.