ホーム  > 経営コラム  > 「2025年問題」約650万人分の職がなくなる

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


「2025年問題」約650万人分の職がなくなる

経営チーム9002_140.jpg

トップマネジメントの仕事は一個人の能力を超える。
経営者や組織論が何といおうとも、
優れた経営を行っている企業にワンマンはいない。

ピーター・ドラッカー

 

後継問題は経営チームで解決する

 

経営チーム9002.jpg

 

山下淳一郎140.jpg

御社は、会社の将来を担う後継者は決まっているだろうか。
あるいは、後継者の育成をしているだろうか。

2025年には後継者不在とされる127万社が
廃業すると言われている。もし仮に、127万社が本当に廃業した場合、
約650万人の雇用が失われると言われている。

 

 

約22兆円ものGDPが消えてなくなる計算になる。
現段階では可能性の話であるが、かなり現実を帯びている。
もちろん、日本の政府は その可能性が現実とならないために、後
継者問題を最重要課題に位置付けて、様々な支援に取り組んでいる。

 

2025年問題。それは、団塊の世代が75歳以上になる。
どんなに優れた人とはいえ、生身の人間である以上、
体力とともに判断力に衰えが生じるのは当然のことだ。
年齢的に、社会をつくり、社会を支える現場から退き、
事業を後進に譲る局面がくることは避けて通れない現実である。

 

2025年問題は、これまで、社会をつくり、社会を支えてきた人たちが、
後期高齢者となることから、そう呼ばれるようになった。
2025年、70歳を超える中小企業の経営者は何人くらいいるだろうか。
およそ245万人と言われている。およそ245万人のうち、
約127万人が後継者未定という深刻な課題を抱えていることが、
中小企業庁調べでわかっている。

 

山下淳一郎140.jpg

私は、その約127万人の方々に、
後継者問題を解決する方法の一つをお伝えしたい。
それが、拙著『ドラッカーが教える最強の後継者の育て方』だ。
なんの役にも立たない机上の空論は一切書いていない。
中小企業が直面する、2025年問題にどう取り組めばいいか、
具体的な方法をお伝えしている。

 

 

後継者は誰か一人に引き継ごうとすれば失敗する。
経営は一人でできる仕事ではなくチームで行う仕事だからだ。
アメリカの大手百貨店JCペニーの元CEO、アレン・クエストロム氏は、
こう言っている。「現代の企業が直面する問題は
きわめて複雑に絡み合っており、
スピード経営が要求されている今日の環境では、
たった一人で立ち向かうのは不可能だ。だから、経営チームが必要だ。」
そして、ドラッカーはこう言っている。

 

トップマネジメントの仕事は一個人の能力を超える。
経営者や組織論が何といおうとも、
優れた経営を行っている企業にワンマンはいない。
ピーター・ドラッカー

 

 

複数人で構成する経営チームがあれば、
メンバーの一人が入れ替わったとしても大きなリスクにはならない。
後継者の育成手段としても経営チームをつくって
事業を運営することが要諦になる。経営を社長一人の力で続けていけば、
いつまでもトップマネジメントの仕事ができる人材は育たない。

 

どの幹部が経営の仕事に適していて、どの幹部が適していないかということは、
実際に責任を与えて、経営の仕事をやらせてみないとわからない。
私はいろいろな企業で、多くの経営者にお会いしてきた。

 

山下淳一郎140.jpg

高学歴で頭が良くても決断できない人もいた。
雄弁だが行動しない人もいた。
勉強は好きでも成長したい人もいた。
仕事はできても責任を持てない人もいた。
実際に責任を与えて、経営の仕事をやらせてみて
はじめてわかることがたくさんあった。

 

経営チームをつくり、実際に責任を与えて、
経営の仕事をやらせた会社は、後継者の育成に成功している。
次の社長を任命したあとになって失敗したでは済まされない。
だから、後継者の育成は、経営チームでやらなければいけないのだ。

 

先ほど紹介した、拙著『ドラッカーが教える最強の後継者の育て方』では、
一人が承継して会社が危機の直面した事例を紹介している。
合わせて、経営チームで成功している事例も紹介している。
ぜひ、本書を参考に、後継者の育成を成功されることを願っている。

 

 

drucker-yamashita.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の後継者の育て方 山下 淳一郎

明日のマネジメントを担うべき人材を今日準備しなければならない。

ピーター・ドラッカー

 

 

後継者を育成したい社長様へ

 

お客様事例_経営チーム1401.jpg

明日のトップマネジメントを育成し、 組織の精神をつくりあげなければならない。
ピーター・ドラッカー

将来にわたって繁栄し続けるためには、人材育成が不可欠です。
会社の明日を担う、経営人材を育成しましょう。

ドラッカーの後継者育成プログラム」を見る

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2020 Top management All Rights Reserved.