ホーム  > よくある質問  > マネジメントの意味は?  > マネジメントの意味 働き方改革(生産性向上編)

ドラッカーに関するよくあるご質問

東証一部上場企業様にドラッカー研修を提供しているトップマネジメント株式会社


マネジメントの意味 働き方改革(生産性向上編)

知識労働者006.jpg

これまでの仕事のやり方を改め変える

 

 

継続的成長のために問題解決で成果は得られません。
成果は、機会の開拓によってのみ得ることができます。
したがって、成果をあげるためには、
問題ではなく機会に資源を投じなくてはなりません。
ドラッカーはこう言っています。

 

明日を実現するための第一歩が、昨日を廃棄することである。
ほとんどの計画が、新しく付け加えるべきこと、
すなわち新製品、新市場に取り組む。
しかし、明日新しいことを行えるようになるための前提は、
もはや生産的でないもの、陳腐なもの、
陳腐化したものから自由になることである。

ピーター・ドラッカー

 

 

既存の商品・サービスは陳腐化していきます。
ゆえに、成果があがらなくなったものを
体系的に廃棄していく仕組みが求められます。

  1. 成果は問題の解決ではなく、機会の開拓によって得られる
  2. 成果を上げるには、資源を問題ではなく、機会に投じなければならない
  3. 体系的廃棄の仕組みが必要

 

 

貴重な資源を無駄にしないため、
常に成果があがる機会を検討しながら、
生産性の高い資源を把握する必要があります。

 

そうすれば、生産性の高い資源を成果のあがる機会に
振り向けることが可能となり、貴重な資源を無駄にしないで済み、
少しでも資源を適切に配分することができます。

  1. どこに成果の上がる機会があるかを検討する
  2. どこに成果を上げる生産性の高い資源があるかを把握する
  3. それらの資源を成果の上がる機会に振り向ける

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッガーが教える最強の事業継承の進め方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2020 Top management All Rights Reserved.