ホーム  > よくある質問  > 経営理念の浸透は?  > 経営理念 株式会社イトーヨーカ堂の経営理念

ドラッカーに関するよくあるご質問

東証一部上場企業様にドラッカー研修を提供しているトップマネジメント株式会社


経営理念 株式会社イトーヨーカ堂の経営理念

われわれの使命は何か

企業とは何を理解するには企業の目的から考えなければならない。
企業の目的は、それぞれの企業の外にある。
事実、企業は社会の機関であり、その目的は社会にある。
企業の目的として有効な定義は一つしかない。
すなわち、顧客の創造である。

ピーター・ドラッカー

 

素晴らしい経営理念・ミッションを紹介しています

 

社 是
  1. 私たちは、お客様に信頼される、誠実な企業でありたい
  2. 私たちは、取引先、株主、地域社会に信頼される誠実な企業でありたい
  3. 私たちは社員に信頼される、誠実な企業でありたい

 

経営理念、ミッション、ビジョンはこう違う

以下、イトーヨーカ堂の経営理念とは関係ありません。
 「経営理念、ミッション、ビジョンは何が違うんですか?」
以前、そんな質問を頂いたことがある。
また、 「一年かけて経営理念をつくり直したのですが、
どうもしっくりこなくて…」

 

さらに、こんな声もあった。
「経営理念、ミッション、ビジョンについて、
コンサルタントによって言うことが違うので困ります。
コンサルタントもわかってないんじゃないですか。」

今このページを読んでいるあなたも、
そんな疑念を持ち、同じ困惑を抱いているかもしれない。

 

まずは、経営理念、ミッション、ビジョンの違いについて整理しておきたい。
経営理念、ミッション、ビジョンは次のとおりだ。

 

  • 経営理念とは「わが社の社会に対する根本的な考え」を言い表したもの
  • ミッション(使命)は「わが社が社会で実現したいこと」を言い表したもの
  • ビジョンは 「わが社のミッションが実現した時の状態」を言い表したもの

 

 

経営理念は想いであり、ミッションとは行動であり、
ビジョンとは結果のことだ。 それらは体裁ではない。
お題目でもない。鮮明に描かれた理想があり、具
体的な挑戦がある。そして、献身的な行動がある。

 

「今、御社はどんな想いで事業を進めていますか?」
御社の社員さんにそんな質問をしたら、
どんな答えが返ってくるだろうか。
私は実際、何社かの企業様でそんな調査を行ったことがある。
その質問に対する多くの答えはこうだった。

 

「社長は、とにかく売上をあげろと言っています。
だから、そんな想いで仕事をやっています。」
部下に伝わるのは、「社長が言っていること」ではなく
「社長が考えていること」だ。
「考えていること」と「言っていること」と
「行っていること」が一致している時、人は力を発揮し、
組織は成果をあげ、事業は繁栄する。

 

経営理念、ミッション、ビジョンと順番に話を進めていきたい。
まずは、経営理念からお伝えしたい。
1876年、ある男がアメリカのインディアナ州で
薬をつくる事業をはじめた。その時の想いは、

 

「この世から不治の病をなくしたい」

 

というものだった。それが彼の社会に対する根本的考えだった。
その彼が薬をつくる事業をはじめたきっかけはこうだ。
彼は小さな薬屋を営んでいた。ある日お店に小さな女の子がやってきた。
その女の子は彼にこう言った。
「ミラクルください」
彼は女の子にこう尋ねた。
「お嬢ちゃん、そんな薬はないよ。それは、どんな薬なの?」
女の子は答えた。
「ミラクルって言う薬があればママの病気が治るってお医者さんが言ってたの。」
彼はその子を見捨てておけずこう言った。
「お嬢ちゃん、おじさんをお嬢ちゃんのパパとママのところへ連れて行ってくれる?」

 

その女の子に案内されて行くと、たどり着いたところは病院だった。
彼はその子のお母さんの主治医と話をすることができた。
その女の子のお母さんは末期がんで余命3か月だった。
医師がその子のお母さんにがんを告知したときに、
診察室の外で待つ娘さんに自分の言っていることが聞こえたら、
大きなショックを与えてしまう。
医師は女の子に気を遣ってお母さんにこう言った。

 

「あなたの病気はミラクルが起これば治るかもしれません。3カ月です。」
それは、間接的な死の宣告だった。その子はかすかに聞こえた、
途切れ途切れの単語をつなげて、こう理解した。
「ミラクルという薬があればママの病気は3カ月で治るんだぁ」
そしてその子は、あるであろうと信じたミラクルという薬を買いに、
薬屋に行ったときの言葉が「ミラクルください」だった。
これが、彼が薬をつくる事業をはじめたきっかけだ。 
薬を売る仕事から薬をつくる仕事に転身した。

 

その男の名はイーライ・リリー。
彼が立ち上げた会社はイーライリリー・アンド・カンパニー。
現在、売上高世界9位の会社になっている。
先に述べた通り、経営理念は想い、ミッションとは行動、
ビジョンとは結果のことである。

 

「この世から不治の病をなくしたい」
という想いがあって、「万病を治す薬をつくる」という行動が生まれ、
「家族が病で亡くなることのない世界」という結果になる。
御社の事業に対する想い、御社の経営理念は何だろうか。
事業に対する想いが込められているだろうか。

ミッションとビジョンにつぃては、また別の機会にお話したい。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッガーが教える最強の事業継承の進め方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2020 Top management All Rights Reserved.