ホーム  > よくある質問  > 成功企業の経営とは?  > 会社を発展させるには 適正解を導き出す取り組み

ドラッカーに関するよくあるご質問

東証一部上場企業様にドラッカー研修を提供しているトップマネジメント株式会社


会社を発展させるには 適正解を導き出す取り組み

トップマネジメントコンサルティングaa
急激な変化と乱気流の時代


マネジメントの体系を理解しているならばマネジメントのスキルに優れていなくとも、マネジメントとして成果をあげることができる。逆に、マネジメントの体系を理解していなければいかにマネジメントのスキルに優れていようともマネジメント者たることはできない。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

必要なのは、「正解」ではなく「適正解を導き出す方法」

 

1.経営の良し悪しが事業の成長を左右するため

パソコンがWindowsやMacというOS(オペレーティングシステム)のうえにWordやExcelというソフトウエアが動いているのと同じように会社も「OSのうえに事業」が動いています。Sが堅牢であればあるほど事業は安定します。会社のOSが経営です。経営が堅牢であればあるほど、事業の成長は加速します。

2.適切な意思決定を導き出せるため

事業の繁栄に必要なのは、「適切な意思決定」です。あるのは「経営論の正解」ではなく「経営者の意思」なのです。一方、自然に法則があるのと同じように、経営にも原理と原則があります、それを無視して適切な意思決定を導き出していくことはできません。経営を体系的に取り組むことで「適切な意思決定を導き出す」ことが可能になります。だからこそ、事業の成長が加速するのです。

3.全体最適をつくり出すことができるため

継続的な成長に必要なのは、「組織の全体最適」です。経営の方法論は数多くあり、学ぶ場も無数にあります。事業戦略、財務管理、組織構築、人材育成と部分的に手だてを打ったからといって、経営がうまくいくわけではありません。どんなに優れた方法論であったとしても、独立した理論を縫い合わせたところで全体最適にはなり得ません。経営を体系的に取り組むことによって「全体最適を生み出す」ことが可能になります。だからこそ、事業の成長が加速するのです。

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッガーが教える最強の事業継承の進め方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2020 Top management All Rights Reserved.