ホーム  > よくある質問  > 後継者の育成とは?  > 後継者の育成 良い上司とはどんな上司ですか?

ドラッカーに関するよくあるご質問

東証一部上場企業様にドラッカー研修を提供しているトップマネジメント株式会社


後継者の育成 良い上司とはどんな上司ですか?

マネジャーの育成.jpg

マネジメントたる者はすべて、ともに働く者それぞれの
自己啓発努力を助けることについて
責任を与えられなければならない。
ピーター・ドラッカー

よい上司は、部下の成長を自分の責任にする人

 

経営人材育成901.jpg

部下は上司をお手本にします。
ゆえに、自分の成長している姿を見せる上司ほど、
部下にとって良いお手本はありません。
部下は上司をお手本にしながら、自分の得意なものを伸ばし、
経験を積んでいきます。
部下に挫折を加える上司、部下ができないことに目のいく上司、
成長につながる経験を積ませてくれない上司。
これほど部下にとって成長の妨げになるものはありません。

 

本来、成長は一人ひとりの努力に関わる問題です。
どんな会社であろと一人ひとりの成長を代行をすることはできませんし、
社員の成長を請け負うことなどできません。
あくまても成長は常に本人の自己啓発によって得られるものです。
あらゆる上司は次の4種類の分かれます。
「部下の成長の助けになるか」、「部下の成長の妨げになるか」、
「部下を正しい方向に導くか」、「部下を間違った方向に導くか」、
このいずれかです。

 

ゆえに、上司は部下一人ひとりの成長の助ける責任を持たせなけばなりません。
具体的には、部下の成長度合いを上司の評価基準の一つにするということです。
仕事のできる人間をつくりすぎて困るなどということはあり得ません。
どんな組織であっても、優れた人材が不足しています。
部下を育成する上司を育てることは経営者の仕事の一つです。
上司の育成は、また経営者の成長の姿を見せることで得られる。


drucker-yamashita.jpg
ドラッカーが教える最強の後継者の育て方

著者 山下淳一郎 同友館 1,600円(税別)

世界で初めて経営の承継を取り上げたドラッカーは、
後継者育成の原理原則を教えてくれています。

>詳しく見る 

 

 

後継者を育てたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2020 Top management All Rights Reserved.