ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーに学ぶ「人材育成」強みのうえに自分を築く

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


ドラッカーに学ぶ「人材育成」強みのうえに自分を築く

000004171786.jpg

自らの成長のために最も優先すべきは、卓越性の追求である。そこから充実と自信が生まれる。能力は、仕事の質を変えるだけでなく人間そのものを変えるがゆえに、重大な意味をもつ。
ピーター・ドラッカー

成長のために最優先するべきこと

 

本日は、某企業のトップマネジメントチームの方々と人材育成について話す機会がありました。従業員をどう成長させていこうかというテーマです。組織の目的は、「人の強みを使って成果をあげること」です。言うまでもなく組織そのものが目的ではありません。そのように整理して考えると、組織の役割は、「人の強みを最大限生かすこと」であり、人の再教育ではないということに気づかされます。

それでは、「組織に属する本人はどう考えるべき」なのでしょうか。ドラッカー教授は次のように教えてくれています。「自らの成長のために最も優先すべきは、卓越性の追求である。そこから充実と自信が生まれる。能力は、仕事の質を変えるだけでなく人間そのものを変えるがゆえに、重大な意味をもつ。」

卓越性の追求とは、自分が情熱を注げるもの、自分が成果をあげられる領域、自分の強み、自分が得意するやり方を認識し、それらをさらに磨いていくということです。苦手なことをできるようにする努力よりそれらを最優先すべきということを教えてくれています。そうすることによって、仕事だけではなく、結果として、人間として成長できることを示唆されています。ぜひ、次の4つは何であるかを理解し、それをさらに強くしていくことに、時間と労力をかけるよう取り組んでください。

  1. 自分が情熱を注げるもの (価値観)
  2. 自分が成果をあげられる領域 (分野)
  3. 自分の強み (得意なもの)
  4. 自分がしっくりくるやり方 (方法)

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.