ホーム  > 経営コラム  > 経営チームについて 700名の企業 "トップマネジメントチーム"

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


経営チームについて 700名の企業 "トップマネジメントチーム"

ドラッカー

トップマネジメントは何を専管とするかを考えなければならない。それは、全体、一体性、未来にかかわる意思決定である。全体を見ることができ、全体に責任をもつ者だけが行うことのできる意思決定である。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

経営陣の役目について

トップマネジメントの仕事とは会社の命運を担う舵取り役です。会社をより良い方向へ導いていくためには当然よい舵取りが必要です。そのために舵取り役は、船の中で起こっていることや起こるであろうことの全体を見ていくと組織活動はよりうまくいきます。

事業は組織で進められています、その組織の最小単位は人です。ゆえに、事業、組織、人の観点から全体を取りまとめていくことが全体を見ていくことになります。それらを日常の仕事にすることによってl、経営はより安定感を得る可能性がたかくなります。具体的にには、次のことをトップマネジメントの仕事としてください。

  1. 自分たちの会社が大切と考えることは何かを明らかにする
  2. どのサービスを廃棄していくかを意思決定する
  3. どのようなサービスを提供していくかを明らかにする
  4. 予算の決定を見える状態にする
  5. 優秀な人材が育つ環境をつくり出す。
  6. 一人ひとりが成果をあげる状態を生み出す。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.