ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 トップマネジメントの決定

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 トップマネジメントの決定

人事マネジメント

人材は組織全体の資源であって特定の部門のものではない。人事についての方針や、実際の主要な人事は、各部門、現業が関与するとしても、あくまでもトップマネジメントが決定すべきことである。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

トップマネジメントが決定すべきこと

 

会社はそこで働く人々の能力以上の成果をあげることはできません。人事は会社をコントロールする究極の手段です。ゆえに、人事は適切でなければなりません。会社は、そこに属する一人ひとりが成果をあげてはじめて、安定した業績をあげることができます。そのためにはまずあげるべき成果を明らかにし、成果をあげるためにその強みを持った人を選抜することです。人の強みにマッチする仕事をさせなければ能力は発揮されず、結果として成果があがらないからです。

人は誰しも、合う合わないがあり、好き嫌いがあり、印象に支配される面をもちます。経営者であっても例外ではありません。働く人には2種類の人しかいないという視点で見えていかれることをお薦めし舞う。それは、「自分に適した仕事に就いている人」と「自分に適していない仕事に就いている人」です。次の5つを守ってください。

人事決定5つのルール
  1. 採用や配属に失敗した時、決定を行った人は責任を負う。
  2. 仕事のできない人、業績の低い人は、速やかに異動させる。
  3. その人の強味にマッチする仕事で、やり直しの機会を与える。
  4. 経営トップはあらゆるポストの人事を適切に行うよう努力する。
  5. 新しく採用した人は、確立された部署や業務に就かせる。

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.