ホーム  > 経営コラム  > 経営チームについて トップマネジメント6つの鉄則!

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


経営チームについて トップマネジメント6つの鉄則!

managementkenshu_l.jpg

トップマネジメントの仕事は、その範囲、必要とされているスキル
と気質、仕事の種類において、一個人の能力を超える。
経営書や組織論が何と言おうとも優れた経営を行っている企業に
ワンマンはいない。それらの企業は CEOのチームをもつ。

ピーター・ドラッカー

 

6つの「なければならない」

 

今日は、トップマネジメント構築の打合せでした。
トップマネジメントチームを構築する際、
最初に遭遇する壁は、「経営陣同士の考えの違い」です。
いままで沈殿していて気づき得なかった
「お互いの考えの違い」が明るみになります。

 

同じ組織あっても職務の分野が異なれば、
人それぞれ見える現実が異なります。それぞれの視点が、
それぞれの見解を生み出し、考えの違いを生み出します。

 

ゆえに、お互いがお互いの考えを理解する努力を必要とします。
トップは、自分の意思を幹部に理解してもらう努力と
幹部は自分の考えをトップに理解してもらう努力が必須です。

 

トップマネジメントチームは、双方の歩み寄る努力を
もってしてはじめて、チームとしての機能を
構築していくことができます。明確な使命のもと、
お互いの考えを理解し合う努力の中にこそ、
組織の未来が築かれていくことは間違いありません。
具体的には、次の5つが求められます。

 

トップマネジメントチーム6つの”なければならない”
  1. それぞれ、担当分野を持た「なければならない」
  2. 担当分野外の意思決定は、その責任者に任さ「なければならない」
  3. 組織全体に関わることは、決定前に意見を交わさ「なければならない」
  4. 互いのことを批判したせず、尊重し「なければならない」
  5. ボスではなく、リーダーがい「なければならない」
  6. メンバー間の意思の疎通に熱心に取り組ま「なければならない」

 

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方 | 山下 淳一郎

人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。

ピーター・ドラッカー

 

ドラッカーをさらに知りたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。

ピーター・ドラッカー


さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッガーが教える最強の事業継承の進め方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2021 Top management All Rights Reserved.