ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 われわれの事業は何かを知る

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 われわれの事業は何かを知る

ドラッカー

われわれの事業は何かを知るための第一歩は、
『顧客はだれか』という問いを発することである。
現実の顧客・潜在的な顧客は誰か、顧客はどこにいるか、
顧客はいかに買うか、顧客にいかに到達するか、を問うことである。

ピーター・ドラッカー

 

われわれの顧客は誰か

 

わたしは、以前ワールドワイドで事業を展開している、
健康関連用品の輸入製造販売をしている会社のある
プロジェクトに携わったことがあります。

 

その会社は、バイクリルという合成吸収糸という
優れた製品を扱っておりました。その糸は、
手術を受ける患者のために開発されたもので、
空気中の水分を吸収して、時間の経過ともに
糸そのものが消えてなくなるというものです。

 

そのバイクリルを使うことによって、
術後の抜糸が不要となります。そのバイクリルは、
食品メーカーからの需要も高 く、好成績をあげていました。

 

ところが、同社はそのバイクリルを
扱う事業を他の会社へ譲渡してしまいました。
本来、好成績をあげ続けている事業を譲渡することなど
考えにくいことですが、その会社は、それを本当に実行したのです。
好成績の事業を譲渡した理由は何か。
それは、自分たちが対象とする顧客への事業に集中するためでした。

 

ドラッカー5つの質問に、「われわれの顧客は誰か」
という問いがあります。この地球上の、すべての人に、
すべてをもって、すべての価値を提供する、これは不可能です。

 

不可能がゆえに、どんな人に、何をもって、
どのような価値を提供するか、を明確にする必要があります。
つまり、決めるべきことは、誰を顧客とするか、です。
誰の役に立つのか、が明確になってはじめて事業が決定付けられます。

 

「われわれの顧客は誰か」の問いに取り組み、
御社の事業が繁栄されることをお祈りいたします。

 

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方 | 山下 淳一郎

人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。

ピーター・ドラッカー

 

ドラッカーをさらに知りたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。

ピーター・ドラッカー


さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッガーが教える最強の事業継承の進め方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2021 Top management All Rights Reserved.