ホーム  > 経営コラム  > マネジメント研修 〇〇庁の職員の方々に「PDCAをしてはいけない」

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


マネジメント研修 〇〇庁の職員の方々に「PDCAをしてはいけない」

image001.jpg

マネジメントには基本的な仕事が五つある。第一に、目標を設定する。第二に、組織する。第三に、チームをつくる。そのために動機づけ、コミュニケーションをはかる。第四に、評価する。第五に、自らを含めて人材を育成する。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

マネジメントする人に共通する5つの仕事

1945年以降、ウォルター・シューハート氏、エドワーズ・デミング氏は、モノづくりの生産性を目的に、PDCAを提唱しました。その後、エドワーズ・デミング氏はCheckをStudyに置き換え、"PDSA"と改正しました。PDCAは、もともとは品質管理の方法として生まれたものです。

「ちから仕事」は、人数が多い方が効率は高まります。しかし「考える仕事」となるとそうはなりません。わたしたち人間の思考は、機械的な性質と異なります。人と人は、考えがぶつかることもあります。したがいまして、何か立案するような仕事の場合、人数が多い方が効率が良くなるとは言えません。

PDCAは、モノづくりの品質管理に適したもので、事務仕事には適さないばかりが害さえを及ぼします。ドラッカー教授は、"マネジメントする人に共通する5つの仕事"を明らかにされました。ぜひその5つに取り組んでください。

上層部5つの仕事
  1. 事業の目的と社会に対するミッションを定義する。
  2. 満足させるべき相手はどのような人かを明らかにする。
  3. 満足させるべき相手が満たしたいことを明らかにする。
  4. ミッションの貢献度合いを何で測るのかを決める。
  5. ミッションを実現するために必要な目標を設定する
マネジャー5つの仕事
  1. 目標を設定する。到着地点を決める。そのために行うべきことを決める。
  2. 組織する。仕事を分類する。分類した仕事を活動に分割し、作業に分割する。
  3. チームをつくる。そのために動機づけを行ない、コミュニケーションをはかる。
  4. 評価する。評価測定の尺度ほど、一人ひとりの成果にとって重要な要因はない。
  5. 自らを含めて人材を育成する。

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.