ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーの名言 1700名の企業 100%失敗する人事の決定

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


ドラッカーの名言 1700名の企業 100%失敗する人事の決定

人事考課 ドラッカー

人材の配置が期待した結果を生まなかったとき、
明らかなことは意思決定が間違っていたということである。
あるいは、意思決定の方法が間違っていたということである。
昇進の失敗を昇進させられた者の責任にしてはならない。
投資の失敗を投下した資金の責任にするようなものである。

ピーター・ドラッカー

 

ウィドウメーカー

 

今日は人事に課題を抱えるCEOと懇談でした。
任命する責任者が、悉く失敗するという状況から、
人事の改善に力を入れていました。
必ず失敗を招くものがあります。

 

それは19世紀ある造船業者が
2回続けて大きな事故を起こしました。
その事故によって多くの船乗りが亡くなりました。
その造船業者は、船乗りの奥さんを
ウィドウ(未亡人)にしたことから、
「ウィドウ・メーカー」と言われました。

 

ビジネスにおける「ウィドウメーカー」とは、
"そこに配属された優秀な人を
2度続けて潰してしまうポジション"のことです。

 

このようなポジションは、
たとえ3人目の人がどんなに優秀であったとしても、
間違いなくそこに配属された人は潰れてしまいます。
このケースが100%失敗する人事の決定です。

 

その解決策はひとつです。それはそのポジションを廃止し、
業務の見直しと組織の再編を行うことです。
ウィドウメーカーは、社会が急激に変化するときに
現れると言われます。

 

もしかすると、現在の総理大臣のポストも
ウィドウ・メーカーなのかもしれません。
様々な角度から検証を行った結果、「人事の改善」をするのではなく、
「業務の見直しと組織の再編」に着手することにいたしました。

 

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカー5つの質問
著 者 :山下 淳一郎
出版社 :あさ出版 1,300円(税別)

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー

 

"社員の意欲を高めたい"とお考えの社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.