ホーム  > 経営コラム  > 年商300億のCEO「トップが陥りやすい盲点」

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


年商300億のCEO「トップが陥りやすい盲点」

ドラッカー

鋸や金槌しかもたず、あるいはペンチというものを聞いたこともなければ
大工はできない。それらの道具を一揃えにしたとき、はじめて大工道具を
手にしたということができる。
それが、私が『現代の経営』で行なったことだった。
私はマネジメントを体系としてまとめたのだった。
ピーター・ドラッカー

経営は体系的な取り組み

 

経営人材_トップマネジメント株式会社003.jpg

今日は、急成長しているIT企業のCEOとお話させて頂く機会がありました。
自身の成長が組織の成果に直結する経営者は例外なく成長意欲の高い人です。
特に今日お会いした経営者は多くのことを学ばれている知識豊富な方でした。
そこに一つの盲点があります。

 

世の中は様々なハウツーで溢れています。経営理念の立て方、
マーケティングの取り組み、戦略の立て方、経営計画のつくり方、
人事制度を知りたいと思えば、それらの情報を入手することができます。
それらを一つ一つを理解したからといって良い経営を行えるかと言うとそれは違います。

 

たとえ一つ一つが優れた理論であったとしても、基本と原則を無視してしまえば、
それらは「成功の注釈」でしかありません。これが陥りやすい盲点です。
「なぜ、優れた方法を学び実行しているのに良くならないんだろう」。
これが盲点に陥ったときの状態です。

 

だからこそ、「経営を体系的に行う」必要があるのです。
あらゆる経営の手法がピーター・ドラッカーにたどり着くと言われます。
ドラッカー教授ほど経営を体系的に教えてくれる人はいません。
事実、ドラッカー教授は多くの組織に繁栄をもたらしてきた人です。
継続的な成長のために、「成功の注釈」を雑につなぎ合わせるのではなく、
体系的に経営を取り組まれることをおススメします。

 

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカー5つの質問
著 者 :山下 淳一郎
出版社 :あさ出版 1,300円(税別)

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー

 

 

ドラッカーの話を聞きたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.