ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーが教えるコミュニケーション

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


ドラッカーが教えるコミュニケーション

ドラッカー.jpg

コミュニケーションの意欲、つまり自らの考えを
理解してもらう意欲である。そのためには大変な忍耐を要する。
何度も何度もいわなければならない。
身をもって示さなければならない。

ピーター・ドラッカー

 

内面の意欲は外面の態度にあらわれる

 

今日は、行政組織にて最終日の研修でした。
最終日は、コミュニケーションでした。
といってもコミュニケーションスキルの研修ではありません。

 

ドラッカー教授は、たとえコミュニケーションスキルがなくとも
良好な人間関係は築けると断言されています。
スキルの一歩手前にある人と仕事に向き合う
姿勢なるものについて取扱いました。

 

仕事は、業務や作業の背景に複雑な事情が交差し、
けっして理屈通りに進まないことが多々あります。
むしろ、割り切ることのできない矛盾や
許せない不条理なことの方が多いと言っていいかもしれません。

 

自分の経験を思い返すと、「考えの行き来」ではなく
「情報の行き来」、「組織の基準」ではなく「
自分の都合」に陥ったときに、思わぬ失敗を起こしてきた気がします。

 

わたしたちは人との関わりを通して
仕事を進めています。組織で仕事をするうえで
既に2つの責任を担っています。1つは自分の考えを
理解してもらう責任です。2つ目は他者の考えを
理解する責任です。お互いがその責任に立てたときに、
コミュニケーションが始まり、コミュニケーションが完結します。
ドラッカーはこう言っています。

 

コミュニケーションの意欲、つまり自らの考えを
理解してもらう意欲である。そのためには大変な忍耐を要する。
何度も何度もいわなければならない。
身をもって示さなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

「身をもって示す」とは、意欲があれば忍耐ですが、
意欲がなければ苦痛でしかありません。
コミュニケーションというと"スキル"を
思い浮かべる方が多いと思いますが、
理解してもらう意欲と理解しようとする
目には見えないその意欲が、目に見える態度となって
表れるということをドラッカー教授は教えてくれています。

 

コミュニケーションを映し出す内面の意欲によって、
結果の良し悪しは決定づけられます。
本日は、「それ」を体現して頂くワークを行いました。

 

 

drucker-yamashita.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の後継者の育て方 山下 淳一郎

明日のマネジメントを担うべき人材を今日準備しなければならない。

ピーター・ドラッカー

 

 

 

後継者を育成したい社長様へ

 

お客様事例_経営チーム1401.jpg

明日のトップマネジメントを育成し、 組織の精神をつくりあげなければならない。
ピーター・ドラッカー

将来にわたって繁栄し続けるためには、人材育成が不可欠です。
会社の明日を担う、経営人材を育成しましょう。

ドラッカーの後継者育成プログラム」を見る

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッガーが教える最強の事業継承の進め方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2020 Top management All Rights Reserved.