ホーム  > 経営コラム  > スターバックスは動じなかった理由

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


スターバックスは動じなかった理由

成功する経営02.jpg

第一に問うべきは、機会は何か、ニーズは何かである。
第二に問うべきは、われわれならばよい仕事ができるかである。
第三に問うべきは、心底価値を信じているかである。
このことは物についてもサービスについてもいえる。
ピーター・ドラッカー『非営利組織の経営』

開店初日15分前から50人以上の行列

 

スターバックスの日本進出を多くの専門家が反対しました。
その理由は、日本はすでに定着したコーヒーの文化がある 、
日本はすでに多くの喫茶店がある、日本人は飲み物をもって歩かない、
日本人はコーヒーの質なんて気にしていない、
日本人は店内の雰囲気は関係ない、日本人に禁煙は受け入れられない(当時)、
というものでした。

 

1996年8月、スターバックスは専門家の見解を無視して、
海外進出の第1号店を日本に出しました。
果たして開店初日はどうだったか。
開店15分前には、50人以上の長蛇の列。
現在、日本での年間売上げは10億ドル。
日本の店舗数は900店を超えています。
スターバックスは成功をおさめたのです。

 

スターバックスが専門家の見解に動じないで
事業を進めることができたのは、CEOのハワード・シュルツさんが
「専門家には見えない機会、ニーズが見えていたこと」と
事業の価値を信じていたから」、です。
さらなる繁栄のために、次のことを経営会議で
協議してされることをおススメします。

 

  1. 専門家にも見えない機会とニーズは何か
  2. その機会とニーズに対してよい仕事ができるか
  3. 自分たちが信じている事業の価値は何か

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.