ホーム  > 経営コラム  > 社員のやる気を高めたいと思う時

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


社員のやる気を高めたいと思う時

マネジメントとはマネジメントの意味.jpg

組織に働く者は、組織の使命が社会において重要であり、
他のあらゆるものの基盤であるとの信念をもたなければならない。
この信念がなければ、いかなる組織といえども、
自信と誇りを失い、成果を上げる能力を失う。

ピーター・ドラッカー

 

共通目的のために協力し合う状態をつくる

 

社員のやる気のあるなしについて悩む
経営者は少なくありません。
やる気のある社員はやる気のある社員を生み、
やる気のない社員はやる気のない社員を生んでいきます。

 

また、やる気のある社員は会社に良い影響をもたらし、
やる気のない社員は会社に良い影響をもたらしてくれません。
やる気のない社員が増えれば増えるほど、
会社の力は低下していきます。

 

指示命令という行為は可能であっても、
指示命令で人の心までコントロール
することはできません。言うまでもなく、
人はやる気を出せと言われたからといって、
やる気が出るわけではないからです。
経営者が悩む理由はここにあります。


ところが、やる気のないと
思われている社員の方に話を聞いてみると、
「新しいことを新しいやり方で
挑戦する機会を与えられていない」
ということがわかります。

 

つまり、やる気のないにも理由があるのです。
会社は組織です。人が集まったからと言って
組織として機能するわけではありません。
人の集まりは、共通目的があって、
共通目的のために協力し合うからこそ、
組織になるのです。
では、どうすればいいのでしょうか。

 

組織に働く者は、組織の使命が社会において重要であり、
他のあらゆるものの基盤であるとの信念をもたなければならない。
この信念がなければ、いかなる組織といえども、
自信と誇りを失い、成果を上げる能力を失う。
ピーター・ドラッカー

 

 

まず、会社を率いる経営陣が、
共通目的を明らかにし、共通目的のために
協力し合う状態になることです。
生態系の原理から言って、
経営陣が共通目的のもと協力し合えば
すべての社員は共通目的のもと
協力し合う状態になります。

 

社員のやる気を高めたいと思う時に
行うべきことは、まず会社を率いる経営陣が、
協力し合う状態になることです。

 

 

ドラッカーの話を聞きたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.