ホーム  > 経営コラム  > だから、取締役は経営の仕事にあたれない

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


だから、取締役は経営の仕事にあたれない

ドラッカーw002.jpg

事業部を担当する者は トップマネジメントの仕事を行うには忙しすぎる。 そのためトップマネジメントとしての貢献は何らできない。 トップマネジメントの責任を担う者は、トップマネジメントの仕事ではない責任を担わなくてもよいようにする必要がある。
ピーター・ドラッカー 

本来取り掛かるべき仕事に労力を注ぐ

 

いつもお読みいただきありがとうございます。取締役、執行役員の方は、営業部、企画部、管理部など一つの部門の経験を経て経営者になっています。 また、取締役、執行役員の方は、一つの部門の責任者を兼任しているため、担当部門の仕事にフル回転で経営の仕事にまで頭も手も回らないのが現実です。 取締役、執行役員の方は、本来担うべき経営の仕事に手が付けられないため、結果として経営が疎かになってしまいます。これでは会社の成長は失速してしまいます。 

ドラッカー教授は、次のように言われています。「事業部を担当する彼らの時間の一部をトップマネジメントの仕事に当てさせようとするのは、 もっともらしく見えるがうまくいかない。事業部を担当する者は トップマネジメントの仕事を行うには忙しすぎる。 そのためトップマネジメントとしての貢献は何らできない。トップマネジメントの責任を担う者は、トップマネジメントの仕事ではない責任を担わなくてもよいようにする必要がある。」 

さらに事業を成長させていくためトップがやるべきは、事業部を担当する取締役の兼任を解くことです。こうして取締役は経営の仕事にあたらざるを得なくなります。結果、取締役は本来担うべき経営の仕事に労力が注がれるようになり、会社の成長を加速させていくことが可能になります。最後までお読み頂きありがとうございます。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.