ホーム  > 経営コラム  > 社員が社長の様に働く4つの処方

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


社員が社長の様に働く4つの処方

CEO2.jpg

仕事で責任をもたせるための処方は四つある。
人の正しい配置、仕事の高い基準、自己管理に必要な情報、
そしてマネジメント的視点をもたせる機会である。
これらのすべてが必要である。

ピーター・ドラッカー

 

自分を高めていかざるを得ない挑戦的な仕事

 

時代は変化の速度が増していると同時に、
その複雑さも高まっていく一方です。
会社は、新しい価値を生み出し、
成果をあげていかなくてはなりません。

 

その中にあって、経営者は多くの難題と格闘しながら、
社員一人ひとりに最高の仕事をしてもらいたいと願っています。
社員一人ひとりに最高の仕事をしてもらうために
経営者は何をすればいいのでしょうか?。

 

既に指示命令で社員を動かせる時代ではない今日、
社員は社長のように働いてもらわなければなりません。
社員一人ひとりが社長のようになってもらうために、
社員一人ひとりに責任を持ってもらわなければなりません。
では、社員一人ひとりに責任を持ってもらうというために
どうすればいいいのでしょうか?。
ドラッカーは、次のように言っています。

 

仕事で責任をもたせるための処方は四つある。
人の正しい配置、仕事の高い基準、自己管理に必要な情報、
そしてマネジメント的視点をもたせる機会である。
これらのすべてが必要である。
ピーター・ドラッカー

 

 

一つは、その人が得意とするものを活かせる配置です。
人によって得意とするものが違う以上、
一人ひとりの成果は配置によって決まってしまいます。

二つ目は、自分を高めていかざるを
得ない挑戦的な仕事を与えることです。

三つ目に、組織で働く一人ひとりが自分自身で、
会社に対して、社会に対して、どれだけ役に立てているかを
把握できる状態をつくることです。

四つ目に、リーダーとして成長できる仕事を提供することです。

 

  1. その人の強みを活かせる配置をすること
  2. 挑戦せざるを得ない仕事を担ってもらうこと
  3. どれだけ役に立てているか自分で把握できるようにすること
  4. リーダーとして成長できる機会を提供すること

 

 

drucker-yamashita.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の後継者の育て方 山下 淳一郎

明日のマネジメントを担うべき人材を今日準備しなければならない。

ピーター・ドラッカー

 

 

後継者を育成したい社長様へ

 

お客様事例_経営チーム1401.jpg

明日のトップマネジメントを育成し、 組織の精神をつくりあげなければならない。
ピーター・ドラッカー

将来にわたって繁栄し続けるためには、人材育成が不可欠です。
会社の明日を担う、経営人材を育成しましょう。

ドラッカーの後継者育成プログラム」を見る

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッガーが教える最強の事業継承の進め方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2020 Top management All Rights Reserved.