ホーム  > 経営コラム  > 部下のモチベーションを上げる方法

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


部下のモチベーションを上げる方法

ドラッカー 人材育成

責任に重点を置くことによってより大きな自分を見るようになる。
うぬぼれやプライドではない。誇りと自信である。
一度身につけてしまえば失うことのない何かである。
目指すべきは、外なる成長であり、内なる成長である。

ピーター・ドラッカー

 

伸びる会社の社員が持つもの

 

 

 

”社員が充分に能力を発揮していない!”。
そんな言葉を経営者の方からよく聞きます。
それは、社員さんに責任を持たせていないからです。

 

某ソフトウエア開発会社に優秀な社員がいました。
彼はその会社の子会社の社長に抜擢され、
すべてその彼に任されるようになりました。
彼は以前「新人が一人前になるのに最低3年はかかる」
と主張していましたが、社長となった半年後、
「新人は半年で一人前になる」と言っていました。

 

実際に、その子会社の新人は、
半年で一人前の仕事をできるようにさせていました。
「3年かかる」という考えが「半年でできる」
という考えに変わったのは、
そう考えさせるだけの責任が彼に発生したからです。
ドラッカーはこう言っています。

 

責任に重点を置くことによって
より大きな自分を見るようになる。
うぬぼれやプライドではない。誇りと自信である。
一度身につけてしまえば失うことのない何かである。
目指すべきは、外なる成長であり、内なる成長である。
ピーター・ドラッカー

 

 

「自分の仕事の最終責任者は、自分自身である」
と認識している人は、能力以上のことを
発揮しようとしていますし、事実、発揮しています。
まさに、経営者が自分の会社を経営しているのと同じ状態です。

 

「自分の仕事の最終責任者は、自分自身である」
といった責任感が、自分能力を高めていくのです。
人は動機づけなどしなくても責任を持たせてあげれば、
自分で考え、自分で決め、自分で動いてくれます。
明日、あなたの部下にこれまでとは違う責任を
与えてあげてください。あなたの部下は変わります。

 

drucker-yamashita.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の後継者の育て方 山下 淳一郎

明日のマネジメントを担うべき人材を今日準備しなければならない。

ピーター・ドラッカー

 

 

後継者を育成したい社長様へ

 

お客様事例_経営チーム1401.jpg

明日のトップマネジメントを育成し、 組織の精神をつくりあげなければならない。
ピーター・ドラッカー

将来にわたって繁栄し続けるためには、人材育成が不可欠です。
会社の明日を担う、経営人材を育成しましょう。

ドラッカーの後継者育成プログラム」を見る

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッガーが教える最強の事業継承の進め方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2020 Top management All Rights Reserved.