ホーム  > 経営コラム  > 部下の強みを生かすのは上司の責任

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


部下の強みを生かすのは上司の責任

チームワーク

部下の弱みに目を向けることは、間違っているばかりか無責任である。
上司たる者は、組織に対して、部下一人ひとりの強みを
可能なかぎり生かす責任がある。部下に対して、
彼らの強みを最大限に生かす責任がある。

ピーター・ドラッカー

上司が責任をもって仕事をしているかどうか

 

ドラッカー山下淳一郎トップマネジメント株式会社01.jpg

どんな会社であろうと、組織で成果をあげています。
どんな会社であろうと、いまよりさらに
より良くなることを望んでいます。そのためには
「今の組織力以上の組織力になる工夫」が必要です。
組織といってもその最小単位は人です。

 

最も影響力の高い仕事上のつながりは、
好むと好まざるに関わらず、
上司であれば部下であり、部下であれば上司です。

 

「今の組織力以上の組織力になる工夫」を
上司に置き換えるならば、
「部下の強みを最大限発揮させる」です。
これができない上司がいると、
優秀な部下は去っていきます。
ドラッカーはこう言っています。

 

部下の弱みに目を向けることは、間違っているばかりか無責任である。
上司たる者は、組織に対して、部下一人ひとりの強みを
可能なかぎり生かす責任がある。部下に対して、
彼らの強みを最大限に生かす責任がある。
ピーター・ドラッカー

 

 

上司が「部下一人ひとりの強みを可能なかぎり
生かすことに心を砕いているかどうか」。
それが「上司が責任をもって仕事をしているかどうか」を
証明するものです。まさに、「上司たる者は部下に対し、
彼らの強みを最大限に生かす責任がある」です。

 

上司が責任をもって仕事をしているかどうか。
それは、「部下が一番よく知っていること」です。

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方 山下 淳一郎

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。

ピーター・ドラッカー

 

ドラッカーの話を聞きたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.