ホーム  > 経営コラム  > ランキング5位(八重洲ブックセンター)

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


ランキング5位(八重洲ブックセンター)

ドラッカー5つの質問山下140.jpg

意思決定は、機械的な仕事ではない。リスクを伴う仕事である。
それは判断力への挑戦である。意思決定とは知的は遊戯ではない。
行動し、成果をあげるために、ビジョン、エネルギーを
総動員することである。

ピーター・ドラッカー

 

読者の方々に心より感謝申し上げます

 

ドラッカー5つの質問ランキン.jpg


拙著『ドラッカー5つの質問』が
ビジネス書の分野でランキング5位となりました。
本当に、本当に、ありがとうございます。
平身低頭、重ねて感謝申し上げます。
『ドラッカー5つの質問』の一部を紹介させて頂きます。

 

社長は期の終わりになると、その期を振り返り、
「よし、来期は今期と違うものにしよう」と決意を新たにする。
そして、社員さんに、「来期は前期を上回る業績を上げよう」と伝える。

 

しかし、社員さんはその計画書を見ても、
「どんな思いが込められた計画なのか」
「どんな考えに基づいて立てた計画なのか」
「どんなことを達成しようとしている計画なのか」
わからない。

 

ゆえに、「何を変えればいいか」「何を新たにはじめればいいか」
「何をどう工夫すればいいか」わからない。
社員さんにしてみれば、「前期と何が違うんだろう」
「でも上は何か変えたいみたいだな」
「計画は売上目標の額が吊り上っただけで何も変わっていないよな」
としか思えない。これが、数字だけの目標で起こることだ。

 

「わが社の経営計画は管理部長がすべてやっています。」
「うちは経営企画部の部長が社長の考えを資料にまとめています。」
経営計画についてそんな声をお聞きすることがある。
「仏作って魂いれず」だ。魂のない経営、魂のない事業、
魂のない計画はあり得ない。経営計画が機械的な仕事でつくられ、
形式的なものになってしまうのはとても悲しい。
ドラッカーはこう言っている。

 

意思決定は、機械的な仕事ではない。リスクを伴う仕事である。
それは判断力への挑戦である。意思決定とは知的は遊戯ではない。
行動し、成果をあげるために、ビジョン、エネルギーを
総動員することである。
ピーター・ドラッカー

 

 

計画をつくるということは、目指すべき旗印を
はっきり打ち立てるということだ。
それは、リスクとのせめぎあいであり、
事業上の高度な判断である。

 

計画は、経営チーム全員が計画をつくる過程に
関わることに意味がある。経営計画は経営チームの全知全能を
総動員してつくらなければならない。
会社の命運を担っているのは経営チームであり、
その実行を指揮するのも経営チームのメンバーだからだ。

 

「われわれの計画は何か」は、
社長をはじめ経営チームのメンバー全員が
「われわれが達成したいことはこれだ!」
と言えるものを決めるということだ。
御社のさらなる繁栄のために、
ぜひ経営チームで魂の入った経営計画をつくっていただきたい。
(~『ドラッカー5つの質問』第5章より~)

 

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカー5つの質問
著 者 :山下 淳一郎
出版社 :あさ出版 1,300円(税別)

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.