ホーム  > よくある質問  > ドラッカー5つの質問とは?  > ドラッカー5つの質問 われわれの成果は何か vol.2

ドラッカーに関するよくあるご質問

東証一部上場企業様にドラッカー研修を提供しているトップマネジメント株式会社


ドラッカー5つの質問 われわれの成果は何か vol.2

トップマネジメントコンサルティング9003.jpg

ドラッカー5つの質問を知りたい社長様へ

 

 

1975年、脳神経外科の医師となった人がいる。
その医師は脳腫瘍の患者を手術した。
脳腫瘍をすべて摘出し、手術は無事に成功した。
しかし、その患者は「寝たきり」の人となってしまった。

 

その人の病気は何とかできてもその人の生活には何もできないー。
そんな現実を突き付けられたその医師は、
「何のために医療をやっているのか…」という疑問を抱いた。
なぜ、脳腫瘍の摘出に成功した患者がその後、
「寝たきり」になってしまったのか。

 

当時はまだ手術した後のケアは考えられていなかった。
手術によって体力にダメージを受けた患者は
一定期間療養が必要だ。しかし、そのまま放っておけば、
やがて体が動かなくなり、結果として、「寝たきり」となる患者を
増やす事になってしまっていた。

 

そこでその医師は、「手術した後、
回復を専門とする病院があれば寝たきり」は
なくなると考えた。そして、その医師はこう決意した。
「リハビリテーション専門の病院をつくって
この世から寝たきりをなくそう」。
リハビリテーションとは、動かなくなった筋力や
関節の機能を回復させるための訓練だ。

 

2002年に、その病院は開業された。
2016年には患者の在宅復帰率は87%と大きな成功を収めている。
高い回復率の秘訣は、患者の治療をチームであたることと治療法にある。
具体的には、医師、看護師、理学療法士、言語聴覚士、作業療法士等
10人の人間が一枚岩のチームになって一人の患者を診ている。

 

治療の方法は、食事は病室でとらず全員が食堂でとる。
食堂に自分で歩いていくことも、
リハビリテーションの一環だという。
食堂に自分で歩いていくことが、
筋力や関節の機能を回復させる訓練になるからだ。
ドラッカーはこう言っている。

 

働くあらゆる者が繰り返すべき究極の問いは、
「自分はいかなる成果について責任をもつべきか、
この組織はいかなる成果について責任をもつべきか、
自分とこの組織はなにをもって憶えられたいか」である。
ピーター・ドラッカー

 

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカー5つの質問
著 者 :山下 淳一郎
出版社 :あさ出版 1,300円(税別)

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。
ピーター・ドラッカー

 

 

会社を改革したい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2019 Top management All Rights Reserved.