ホーム  > よくある質問  > 役員研修の内容は?  > 経営幹部研修 ドラッカーの目標管理プログラムとは?

ドラッカーに関するよくあるご質問

東証一部上場企業様にドラッカー研修を提供しているトップマネジメント株式会社


経営幹部研修 ドラッカーの目標管理プログラムとは?

経営人材_トップマネジメント株式会社010.jpg

ドラッカーマネジメント研修(オンライン)

 

 

「将来こうなった時に、こんなリーダーが必要だから、
今のうちからそのリーダーを育てておこう」
そう考え、あらかじめ手を打てればいいですが
なかなかうまくいかないのが現実です。

 

現実、「体制」を考えるたびに、
リーダの不足に悩まされるのが常です。
また役員ともなれば、
「すべてにおいてできて当然」とされ、
暗黙のうちに教育対象からは外されます。
自己開発や動機づけは行われません。

 

その結果、頼みとするのは、
ほんのわずかの全社的視点を持つ人たちだけとなり、
会社の命運は「育成の結果として選ばれた人たち」
ではなく、「巡り合わせの結果として居合わせる人たち」
に委ねられてしまいます。

 

資金に枯渇していても人材がいれば
事業は伸びていきます。
しかし、どんなに強い財政基盤があっても
人材がいなければ事業はやがて滅びてしまいます。

 

結局、事業の存続は、人材を育成できるかどうか
にかかっています。リーダーを育てるためには、
その人が持っている能力を最大限発揮できる環境を
作り上げなければなりません。

 

「リーダーを育てること」と
「リーダーが育つ仕組みを作ること」は違います。
リーダーが育つ企業には、人材が育つ仕組みがあります。

 

リーダーの育成とは、
「間違った方向へ失敗しないようにすること」ではなく、
「正しい方向へ失敗できるようにすること」です。

 

では、そのために必要なものはいったい何でしょうか。
目標管理の重要性という観点からお伝えします。
ドラッカーはこう言っています。

 

自己管理による目標管理は、人間というものが責任、
貢献、成果を欲する存在であると前提する。
この自己管理による目標管理はスローガン、
手法、方針に終わってはならない。原則としなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

 

ドラッカーは「学んだことを直ちに
実践できなければ意味をなさない」と言っています。

 

ゆえに、弊社の研修は実践を基本指針としております。
研修の概要は下記のとおりです。

 

 

マネジメント研修プログラム (概要)
1.目標を持つ8つの分野
  • マーケティングとイノベーション
  • 人的資源、資金、物的資源
  • 生産性
  • 社会的責任
  • 利益
4.責任者の目標設定
  • 組織全体に与える良い影響を理解する
  • 上位部門の目標設定に参画する
  • 自部門の目標は自分で設定する
  • 目標を承認する可否権を持つ
  • 部下が期待することを知る
2.目標の要件
  • 個人目標は組織目標によって決まる。
  • 個人目標が組織目標に向かっている
  • 仕事の重複がないようにする。
  • 仕事上で補強し合う。
5.目標によるマネジメントの必要条件
  • 目標は人事評価と区別する
  • 軌道修正のための情報入手
  • 情報は本人が直接入手できるもの
  • 情報は上司も共有する
3.目標に明記されるべきもの
  • 自部門の成果
  • 自部門の成果に体する自分の成果
  • 他部門の成果に対するの自部門の成果
  • 他部門に必要な協力
  • 他部門にできる協力
6.自己目標を各人が考える
  • 組織の目標と優先順位
  • 自分に与えられるべき責任。
  • 目標達成に必要なこと。
  • 新たにあげられる成果。
  • 新たに考えられる問題。

 

 

ドラッカーをもっと知りたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッガーが教える最強の事業継承の進め方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2020 Top management All Rights Reserved.