ホーム  > よくある質問  > 役員研修の内容は?  > 幹部の育成 管理者の仕事の5つの責任とは?

ドラッカーに関するよくあるご質問

東証一部上場企業様にドラッカー研修を提供しているトップマネジメント株式会社


幹部の育成 管理者の仕事の5つの責任とは?

269.png

マネジメントには基本的な仕事が五つある。
第一に、目標を設定する。第二に、組織する。
第三に、チームをつくる。そのために動機づけ、
コミュニケーションをはかる。
第四に、評価する。第五に、自らを含めて人材を育成する。

ピーター・ドラッカー

組織で成果をあげることが仕事

 

彼は営業担当の頃は成果をあげてくれたが、
営業部門の責任者になってから成果があがらない。
彼は開発担当の頃はよい商品を開発してくれていたが、
開発部門の責任者になってからよい商品が生れてこない。

 

たまに経営者からそんなお話を聞きます。
いち担当者の時は力を発揮していた人が、
組織の責任者になった途端に
力を発揮できなくなるケースはよくあることです。

 

「成果をあげる仕事」と「成果をあげてもらう仕事」は
まったく違うからです。担当者の仕事は
「自分が成果をあげること」であるのに対して、
責任者の仕事は「部下に成果をあげてもらうこと」です。
責任者になった方の悩みは「どう部下に成果をあげてもらうこと」
にあります。

 

マネジメントとは、「組織で成果をあげること」です。
マネジャーとは、「組織で成果をあげる責任をもった人」です。
組織で成果をあげるためには、何を成果とするかを決め、
成果があがる仕組みを考え、成果があがる方法を確立し、
成果があがる状態を作らなければなりません。

 

成果があがる状態とは、「個人に依拠しない状態」です。
そのような状態をつくるために、
責任者にどう取り組んでもらえばいいのでしょうか?。

 

ドラッカー教授はこう言っています。
「マネジメントには基本的な仕事が五つある。
第一に、目標を設定する。第二に、組織する。
第三に、チームをつくる。そのために動機づけ、
コミュニケーションをはかる。第四に、評価する。
第五に、自らを含めて人材を育成する」。

 

管理職の仕事は、目指すものを明らかにし、
部下が力を合わせる環境をつくり、部下に心を砕いて部下の心に火を付け、
今行っていることが適切かどうかが確認しながら仕事を精度を高めていき、
上司自ら成長することによって、部下を育成していくことです。

 

ぜひ、管理職の方に5つの仕事をできるようにしてあげてください。
それが組織で成果をあげることであり、事業と組織と人に成長をもたらします。

 

  1. 目標を設定する
  2. 組織をつくる
  3. 動機づけを行う
  4. 評価測定する
  5. 自らを含めて人材を育成する

 

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,600円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

ドラッカーの話を聞きたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッガーが教える最強の事業継承の進め方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2020 Top management All Rights Reserved.