ホーム  > よくある質問  > ドラッカー5つの質問とは?  > ドラッカー5つの質問 われわれの使命は何か vol.7

ドラッカーに関するよくあるご質問

東証一部上場企業様にドラッカー研修を提供しているトップマネジメント株式会社


ドラッカー5つの質問 われわれの使命は何か vol.7

ドラッカー5つの質問 われわれの顧客は誰か.jpg

5つの質問を知りたい社長様へ

>『ドラッカー5つの質問』amazon

 

 

"冷たい水に入るのがイヤだから、
いまそこで溺れて死にそうな人は救えない"。
そう考える人はいないでしょう。

 

溺れる人を助けるという貴い目的があればこそ
労苦を厭わず、川に飛び込むことができます。

 

そこに目的がなければ、
寒い時に冷たい川に飛び込むことはしません。
わたしたちの意欲に影響を与えるのは、 目的です。
仕事の意欲を決定付けるのは、
「仕事の内容」ではなく「仕事の目的」です。

 

  1. 使命は顧客に貢献できる何か
  2. 使命は到達すべき理想を指し示してくれる
  3. 使命はとるべき行動の明確な指針となってくれる

 

 

働く意欲は仕事に意味と価値を感じるときに起こるものです。
だからこそ組織には、はっきりとした目的が必要です。
上司の役目は部下の労力を組織の目的に導くことです。
ドラッカーはこう言っています。

 

考えるべきは、ミッションは何かである。
ミッションの価値は、正しい行動をもたらすことにある。
ミッションとは組織に働く者全員が自らの貢献を知りうるように
するものでなければならない。

ピーター・ドラッカー

 

 

組織の目的が働く意欲を決定付けます。
貴い目的が仕事の誇りとなり、働く意欲となり、
結果として、成果をあげる能力をも高めていってくれます。

 

  1. 使命は「仕事の価値」を与えてくれる
  2. 使命は働く「エネルギー」を与えてくれる
  3. 価値ある使命が人材を成長させてくれる

 

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカー5つの質問 山下 淳一郎

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー

 

ドラッカーをもっと知りたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。

ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2019 Top management All Rights Reserved.