ホーム  > よくある質問  > ドラッカー5つの質問とは?  > ドラッカー5つの質問 われわれの計画は何か vol.0

ドラッカーに関するよくあるご質問

東証一部上場企業様にドラッカー研修を提供しているトップマネジメント株式会社


ドラッカー5つの質問 われわれの計画は何か vol.0

104.jpg

5つの質問を知りたい社長様へ

>『ドラッカー5つの質問』amazon

 

 

ドラッカー8つの目標という言い方はあまり使われません。
その内容は、ドラッカー5つの質問の
第5の質問「われわれの計画は何か」です。

 

計画とは実行予定です。
それはよりよくなるためのものなので、
つまり、目標です。
では、目標は何を決めればいいのでしょうか?
ドラッカーはこう言っています。

 

決定を実りあるものにする方法は一つしかない。
八つの領域それぞれにおいて、測定すべきものを決定することである。
何を測定するかによって、注意を払うべきものが規定される。
目標が目に見える具体的なものになる。
ピーター・ドラッカー

 

 

現在に成功するためにはマーケティング、
未来を創り出すためにはノベーションが必要です。
それは.ヒト、モノ、.カネの資源に依存し、
その資源を成果を変えるのが生産です。

 

社会的責任を果たし、事業をさらに良くしていくための
蓄えとして売上と利益を確保します。
売上と利益は目標ではなく条件です。
ゆえに、正しい表現は、"7つの目標よ1つの条件"です。

 

次の8つの領域に目標を持つことを教え、
考えさせてくれる問いです。

 

  1. マーケティング (現在の事業を成功させるための目標)
  2. イノベーション (未来の事業をつくり出すための目標)
  3. ヒト (人的資源を生かすための目標)
  4. モノ (物的資源を生かすための目標)
  5. カネ (経済的資源を生かすための目標)
  6. 生産性の向上 (資源を生かすための目標)
  7. 社会的責任 (それを果たすための目標)
  8. 条件としての売上と利益

 

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカー5つの質問 山下 淳一郎

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー

 

 

ドラッカーの話を聞きたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。

ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2019 Top management All Rights Reserved.