ホーム  > よくある質問  > 成功企業の経営とは?  > 会社を発展させるには なぜ事業の目的は利益ではないのですか?

ドラッカーに関するよくあるご質問

東証一部上場企業様にドラッカー研修を提供しているトップマネジメント株式会社


会社を発展させるには なぜ事業の目的は利益ではないのですか?

山下淳一郎20121213.jpg
利益は目的ではなく条件です


事業体とは何かを問われると、たいていの企業人は
利益を得るための組織と答える。たいていの経済学者も
同じように答える。この答えは間違いだけではない。
的外れである。利益が重要でないということではない。
利益は企業や事業の目的ではなく、条件である。
ピーター・ドラッカー

事業の目的は顧客の創造である

 

産経新聞の連載コラム
経営者130109c.jpg

 

私たちは、時間の大半を仕事に使っています。仕事は「仕える事」と書きます。
いったい誰に仕えているのでしょうか。会社でしょうか。社長でしょうか。
上司でしょうか。私たちは仕事の向こうにいる「お客様」に仕えているのです。
仕えるとは「尽す」ということです。仕事とは「お客様に尽くすこと」なのです。

 

いったい何のためにお客様に尽くしているのでしょうか。
私たちがこの世に存在するのは、お金持ちになるためではなく幸せになるためです。
人は人を幸せにすることでしか幸せになれないのです。
仕事を通して人を幸せにするとは、「幸せなお客様を創り出す」ということです。
それをドラッカー教授は、「事業の目的とは顧客の創造である」と言われました。
「私たちが幸せになること」と「幸せなお客様を創り出すことは、
けっして「きれいごと」ではありません。それは日々の地道な仕事であり、
時には厳しい戦いでもあります。心が折れそうな時も、
心が砕け散ってしまうこともあります。

 

大変失礼しました。まだ私の自己紹介をしておりませんでした。
私の仕事は、「会社を繁栄させるお手伝い」です。会社を繁栄させてくれるのは、
その会社の「お客様」だけです。したがって、「会社を繁栄させるお手伝い」とは、
その会社の「幸せなお客様を創り出すお手伝い」です。
それを世間ではコンサルタントと言います。
しかし、一般のコンサルタントとは違うことをしています。
何が違うのかといいますと、私がしていることは、
「方法論の前にある大切なもの」をお伝えすることだけです。

 

もとより、小手先で物事がうまくいくはずがありません。
「方法論の前にある大切なもの」があれば、最高意思決定機関である経営陣のお考えが
劇的に変わっていきます。そして、組織で働くお一人おひとりは、
自ら幸せなお客様をつくり出す「価値創造人間」になっていきます。
「価値創造人間」とは、自ら良い変化を生み出す人です。
ミッションに根ざしたエネルギーを成果に変える人です。
成長している会社には、必ずはっきりとしてミッションがあります。
そして、すべての仕事がミッションに基づいて進められています。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッガーが教える最強の事業継承の進め方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2020 Top management All Rights Reserved.