ホーム  > よくある質問  > 成功企業の経営とは?  > 【シャープ】が繁栄し続けたのは?

ドラッカーに関するよくあるご質問

東証一部上場企業様にドラッカー研修を提供しているトップマネジメント株式会社


【シャープ】が繁栄し続けたのは?

トップマネジメントコンサルティング20130216.jpg

明日を実現するための第一歩が、昨日を廃棄することである。
明日新しいことを行えるようになるための前提は、もはや生産的でないもの、
陳腐なもの、陳腐化したものから自由になることである。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

明日を創る仕事を増やすために、昨日の仕事を減らすこと

 

大正元年、金属を取り扱っている工場がありました。
昭和になると、取り扱うものを広げ、真空管ラジオや無線機をつくりはじめました。
その後、組織が大きくなると、再び事業を変え
、ブラウン管のテレビをつくるようになりました。
今日、その会社は液晶をつくってます。

その会社の名前は、「シャープ」です。シャープは、実効性を失い、
生産性でなくまったものを次々に廃棄してきたからこそ、
新しいことへの挑戦を通して、事業を存続させてきたのです。
新しいことを行えるようになるために、「生産的でないもの」を見つけて、それを廃棄してください。
明日を実現するための第一歩が、昨日を廃棄」することだからです。

一言に、廃棄とっても言うほど簡単ではありません。
なぜなら、生産的でなくなったものを、生産的でなくなったと認識できなければ、
廃棄という考えすら起こらないからです。
また、あらゆる仕事があらゆる仕事につながっています。
思い付きで、ある日突然やめることはできないからです。

したがって、「生産的でなくなったものを発見するということ」と
「どのような手順で廃棄していくか」ということを計画の中に入れておく必要があるのです。
計画とは、ただ単に仕事を増やしていくだけのものではありません。
明日のための仕事を増やしていくために、
昨日の仕事を減らしていくことは必要不可欠なのです。
ぜひ、次の2つを計画の中に入れてください。

 

  1. 生産的でなくなったものを発見する
  2. 生産的でなくなったものをどんな手順で廃棄していくか

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2020 Top management All Rights Reserved.