ホーム  > 経営チームのコンサルティング

ドラッカーの経営チームコンサルティング

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカーの経営チームコンサルティング

経営チームコンサルティング2.jpg

経営チーム構築プログラム

 

 

「われわれの事業は何か」を問う

「われわれの事業は何か」を問うことは、トップマネジメントの責任である。
まさに、この問いに責任をもち、意味ある答えを出し、事業の方向性を定め、
目標を設定することこそ、トップマネジメントの責任である。

事業の目的とミッションを検討していないことが失敗と挫折の最大の要因である。
成功を収めている企業の成功は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを徹底的に検討することによってもたらされている。

この問いは、トップマネジメントのメンバー間に考えの違いがあることを必ず明るみに出す。
長年ともに働き、考えを知っていると思っていた者たちが、突然、きわめて基本的なことで
考えが異なることを知って愕然とさせられる。

「われわれの事業は何か」との問いは、異論を表に出すことに価値がある。
それによって、互いに考えの違いを知ることが可能になる。
互いの動機と構想を理解したうえで、ともに働きことが可能となる。
逆に、事業の定義についての見解の違いが隠され、あるには十分な理解がないことが、
トップマネジメント内の感情的対立やコミュニケーションの齟齬の原因と
なっていることが少なくない。

ピーター・ドラッカー

 

 

一枚岩の経営チームが得られます
経営チームの成果.jpg
  1. 経営の原理原則の理解を深め、経営を体系的に行えるようになります。
  2. 理念、使命を問いただし、共有された経営意思が創り出されます。
  3. 自社の存在価値と御社の事業価値をさらに高めていくことができます。
  4. あらゆる角度から顧客を分析する方法を修得することができます。
  5. 顧客が求めているものを知り、顧客の期待を上回る方法が得られます。
  6. 理想とするお客様から「これが欲しかった!」と言われるようになります。
  7. 一人ひとりの労力が組織全体の目標達成に方向付けされます。
  8. 事業の存続と繁栄に関わる八つ領域において目標を立てることができます。
  9. 生産性を高め、戦略の立て方を共有することができます。
  10. 成果を生む組織をつくる具体的な方法と手順を理解することができます。
  11. 組織上の混乱や部門間の軋轢が激減し、生産性を高めていくことができます。

 

 

 

指導ではなく支援、講義ではなく協議です
経営チームコンサルティング概要.jpg
  • 対象:経営チームをつくりたいとお考えの社長(お客様の声
  • 参加:社長を中心とする役員の方々
  • 人数:5名様~7名様
  • 内容:ドラッカーのトップマネジメントチームプログラム『13のテーマ』
  • 方法:トップマネジメントミーティングにて共通の考えをつくり出していきます。
  • 場所:御社
  • 時間:10:00~17:00/回 (1時間に1回休憩)
  • 期間:6ヶ月~
  • 費用:ありがとうございます。もちろん相場内です。

 

 

お問い合わせ

 

ありがとうございます。状況をしっかりお伺いします。
山下淳一郎プロフィール320.jpg

ありがとうございます。多くのお問い合わせを頂いているため1ヶ月1社様 ご案内しています。責任をもって山下が返信いたします。「個人情報保護方針(ダイアログが開きます)

今、御社が直面している課題は何ですか?

会社の生命
会社の存続
会社の繁栄
事業の運営
ご要望

例)コンサルティングの内容について

例)○○○○株式会社

例)http://xxxxxxxx.co.jp

例)山田 太郎

例)xxxx@xxxx.co.jp

- -

例)000-000-000


経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.