ホーム  > 経営コラム  > 第6の習慣 機会に焦点を合わせる

ドラッカーの名言

東証一部上場企業様を中心に経営チームの支援をを行っています。


第6の習慣 機会に焦点を合わせる

drucker-value280.jpg

問題ではなく、機会に焦点を合わせることが必要である。
もちろん問題を放っておくわけにはいかない。隠しておけ
というわけではない。しかし問題の処理では、
いかにそれが重大なものであろうとも、成果がもたらされるわけではない。
損害を防ぐだけである。成果は機会から生れる。

ピーター・ドラッカー

 

機会を見失わないようにするために

 

経営人材_トップマネジメント株式会社013.jpg
打つべき時に打つべき手を打てない

下記は、ITmediaエグゼクティブで執筆した連載の一部を紹介しています。

 

今回のテーマは、成果をあげる人の第6の習慣
「機会に焦点を合わせる」だ。ある企業でこんなことがあった。

 

その企業の経営チームは、いつも問題の解決
に追われていた。ある年、病院向けにある測定器を開発した。
その測定器は予想以上に売れ、生産が追い付かなくなった。
そして、一般の企業や大学からも
多くの注文が入るようになり、生産はさらに追い付かなくなった。

 

うれしい悲鳴だった。それは新しい機会の兆候だった。
しかし経営チームは誰一人として、
一般の企業や大学にも売れている
という予期せぬ成功に気付かなかった。

 

「狙った市場ではなかったが、そこにより多くの潜在顧客がいる」
ということさえ経営チームは認識できなかった。営業マンを
一般の企業や大学に行かせることもしなかった。
アフターサービスを充実させる施策もしなかった。

 

何年かがたったとき、その市場は競争相手に奪われ、
さらに、その競争相手に既存顧客も奪われた。
いったい経営チームは何をしていたのだろうか。 

 

成果は機会から生れる

一般の企業や大学にも売れたことは大きな機会だった。
しかし、その大きな機会に気が付かず、大きな売上を失った。
経営チームは日々、今起こっている問題の解決に
注意が引っ張られていた。その時起こっている機会に気付けなかった。

 

これでは、どんなに頑張っても成果をあげることはできない。
そうならないために、どうすればいいのだろうか。
ドラッカーはこう言っている。

 

問題ではなく、機会に焦点を合わせることが必要である。
もちろん問題を放っておくわけにはいかない。
隠しておけというわけではない。しかし問題の処理では、
いかにそれが重大なものであろうとも、成果がもたらされるわけではない。
損害を防ぐだけである。成果は機会から生れる。
ピーター・ドラッカー

 

目の前の問題を解決すれば物事はうまくいくと考えてしまう。
しかし、それは錯覚だ。問題の解決は
マイナスの状態をゼロにするのにすぎない。
問題を解決してもプラスの状態が起こるわけではない。
だから、機会に焦点を合わせなければならないのだ。 

 

機会を列挙する

ドラッカーが言うように、問題を放っておくわけにはいかないし、
隠しておくわけにもいかない。しかし現実は、起こった問題に圧倒されて
機会を見失ってしまう。機会を見失わないようにするために、
どうすればいいのだろうか。ドラッカーは「心を入れ替えて頑張ろう」
とは言わない。常に具体的なことを教えてくれる。

ドラッカーはこう言っている。

続きはITmedia エグゼクティブ

 

ドラッカーが教える成果をあげる人の8つの習慣

 

第1の習慣 なされるべきことを考える」を読む

第2の習慣 組織のことを考える」を読む

第3の習慣 アクションプランをつくる」を読む

第4の習慣 意思決定を行う」を読む

第5の習慣 コミュニケーションを行う」を読む

「第6の習慣 機会に焦点を合わせる」を読む(このページ)

第7の習慣 会議の生産性をあげる」を読む

第8の習慣 私はではなくわれわれを考える」を読む

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッガーが教える最強の事業継承の進め方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2021 Top management All Rights Reserved.