ホーム  > 経営者セミナー  > 基礎編  > ドラッカーが教える働き方改革セミナー(無料)

ドラッカーのセミナー

成果をあげる能力は習得できる。ピーター・ドラッカー


ドラッカーが教える働き方改革セミナー(無料)

drucker-knowledgesuite.jpg

主催 ナレッジスイート株式会社(マザーズ上場)

>セミナー一覧

 

満員御礼、ありがとうございました。

 

 

そもそも働き方改革って?

日本はかつて海外から働き過ぎだと批判されました。
当時、働く時間を減らそうという機運が高まり、
日曜日だけが休日だった時代に土曜日も休日になりました。
働く時間は、1980年代は週49.9時間、2011年は週50.1時間と
働く時間は減ることなく、むしろ長くなってしまいました。
そして今、問われているのが働き方改革です。

 

働き方改革は「働く時間を短くしよう」
というものから起こりました。しかしそれは、
きっかけであって目的ではありません。働き方改革の目的は、
「これまでの考えを改めて仕事のやり方を変えよう」
というものであり、問われているのは
「如何にして成果をあげるか」ということです。

 

業界全体が不振の中で一番最初に業績不振から
脱した会社がありました。歴代の社長は2代にわたって、
業績不振から抜け出すために、働き方を変えようと取り組みました。
改革の旗を挙げ取り組んだがすべて失敗に終わりました。

 

3代目の社長は、部下に「どんな成果をあげるべきか」と尋ねました。
部下は「あげるべき成果は顧客単価を上げることだ」と考えていました。
社長は部下に「それを既にやっている店はあるか?」と尋ね、
400店舗あるうち9店舗が、既に顧客単価を上げることに
成功していることがわかりました。

 

社長は9人の店長に「どうやって顧客単価を上げてきたか、
そのやり方を他の店に教えてほしい」と指示を出しました。
やがて、ほとんどのお店が顧客単価を上げることに成功しました。
今までよりも少ない労力で今まで以上の成果が
あがるようになったのです。

 

成果をあげるためにすべきことは何かを問い、
これまでの考えを改めて仕事のやり方を変えていきました。
これが、この会社で行われた働き方改革でした。
こうして、この会社は業界全体が業績不振に悩む中にあって、
業績不振から脱しました。この成功は、「目新しいことを行ったこと」
によるものではなく「行うべきことを行ったこと」によるものでした。
つまり、社内のナレッジが共有できていたかどうか、
という基本の基本に立ち返ったものから得た成功でした。

 

働き方改革と言っても、目新しいことをやろう
というものではありません。
行うべきことを行うだけのことである。
ドラッカーはこう言っている。

 

知識労働者にとって必要なものは管理ではなく自立性である。
知的な能力
をもって貢献しようとする者には、
大幅な裁量権を与えなければならない。
自らが使命とするものを自らの方法で追求することを許さなければならない。
ということは、責任と権限を与えなければならないということである。
ピーター・ドラッカー

 

 

どんなに優秀なビジネスマンであったとしても、
やるべきことを見つけ出し、これまでの考えを改め、
仕事のやり方を変えていかなければなりません。
そして、「如何にして成果をあげるか」という問いに
答えを持たなければなりません。
御社が今新たにあげるべき成果とは何しょうか?

 

これまで以上の成果をあげるために
仕事のやり方を変える具体的なヒントを手に入れてください。
本セミナーが、御社の成功のきっかけとなれば幸いです。
皆様のご来場をお待ちしております。

 

プログラムの概要

 

主催
  • 主催 ナレッジスイート株式会社(マザーズ上場)

 

201806151.jpg
15:00-16:20【第1部】
成果をあげる5つの秘訣
トップマネジメント株式会社 山下淳一郎

 

本セミナーでは、成果を上げる5つの秘訣のうち3つのポイントをお伝えします。

1.なぜ、 マネジメントに悩むのか

2.成果を上げる5つの秘訣

3.成果を上げるために明日からすべきこと

 

 

201806152.jpg
16:30-17:00【第2部】営業力強化・働き方改革の実現
ナレツジスイ一卜株式会社 飯岡晃樹氏

 

生産性を上げ、業績も上げる営業力強化、働き方改革を
実現するためのシンプルな考え方と 具体的なツールについてご紹介します。

 

 

開催概要

 

5Cトップマネジメント.jpg
開催日時
  • 2018年6月15日(金)15:00~17:30

 

会場
  • 東京都港区虎ノ門三丁目18番19号虎ノ門マリンビル7F
  • ナレツジスイ一卜株式会社

 

定員
  • 30名 (定員になり次第締め切らせて頂きます)

 

参加費
  • 無料

 

 

トップマネジメント株式会社

 

ドラッカー専門のコンサルタント 山下 淳一郎
山下淳一郎プロフィール.jpg

コンサルティングファーム出身、上場企業役員を経て、トップマネジメント株式会社を設立。
上場企業を始めとして、様々な業種・規模の経営チームにドラッカーの理論を活用するコンサルティングを提供している。
一般社団法人日本経営協会専任講師、淑徳大学の経営学講師、デジタルハリウッド大学院大学客員教授を務める。
寄稿に『ドラッカーに学ぶ成功する経営チームの作り方』(ITmedia エグゼクティブ )
『人材育成の教科書』(ダイヤモンド社)『ドラッカーで読み解く大統領のリーダーシップ』(経済界)等

 

  • 1987年 ピータードラッカー教授のマネジメントを学ぶ
  • 1998年 独国 Ettlingen Bundesrepublik Deutschland.
  • 1999年 米国 Minneapolis United States of America.
  • 2002年 中小企業 取締役就任
  • 2007年 上場企業 執行役員兼グループ会社取締役就任
  • 2008年 トップマネジメント株式会社 代表取締役就任

 

著書
ドラッカー5つの質問140.jpg
ドラッカー5つの質問 |山下淳一郎

この問いを怠るとき、事業の急速な衰退がやってくる。
「われわれの事業は何か」を問うとは、
わが社のあるべき姿を明らかにする、ということだ。
経営者のそんな仕事の助けとなってくれるのが、
「ドラッカー5つの質問」である。

>詳しく見る 

 

 

 

ドラッカーb140.jpg
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方|山下淳一郎

小さな事業を除くあらゆる事業において、CEOの仕事は、
一人の仕事として組み立てることは不可能だということである。
それは、共同して行動する数人からなるチームの仕事として
組み立てる必要がある。
ピーター・ドラッカー

>詳しく見る 

 

 

 

ドラッカーb140.jpg
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方|山下淳一郎

本書は学説ではなく現実を描いています。
本書の内容は「現実を変えるためのもの」です。
この本に書かれていることを実践すると、
御社のお客様はさらに増え、長期にわたって
繁栄していくことが可能になります。

>詳しく見る 

 

 

 

ドラッカーのセミナー-経営者の仕事140206.jpg
ドラッカーのセミナー 経営者の仕事|山下淳一郎

ドラッカーとは、いま読むべきものである。
明日読むべきものである。
10年後、50年後、100年後にも読むべきものである。

ジム・コリンズ

>詳しく見る 

 

 

 

日本に来たドラッカー140207.jpg
日本に来たドラッカー 初来日編|山下淳一郎

この世にあって何がしかの責任を担う者であるならば、
ドラッカーとは、いま読むべきものである。明日読むべきものである。
10年後、50年後、100年後にも読むべきものである。

ジム・コリンズ

>詳しく見る 

 

 

お申し込み・お問い合わせ

 

経営に関する支援をされているマネジメントコンサルタン卜等
同業系の方からのお申込みはご遠慮いただいております。

 

各種お問い合わせ 
ナレツジスイ一卜株式会社

 

過去に行なった主なドラッカー講座

 

drucker-orocom.jpg

 


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.