ホーム  > 経営者セミナー  > 実践編  > ドラッカーに学ぶトップマネジメント塾

ドラッカーのセミナー

成果をあげる能力は習得できる。ピーター・ドラッカー


ドラッカーに学ぶトップマネジメント塾

Drucker-leadershipバナー.jpg

ドラッカーに学ぶトップマネジメント塾

 

 

満員御礼ありがとうございました

 

Drucker-leadership0920.jpg
このような社長様におすすめです

 

☑ いまの経営チームが機能していないと感じている社長の方

☑ そろそろ社長にすべてを任せたいと思っている会長の方

☑ 経営を任せようと思っている経営幹部に不安がある社長の方

 

 

成長企業が直面する3つの課題

 

1950年代、ドラッカーが世界最高の高収益を
誇っていたゼネラルモーターズに3つのことを提案しました。
当時のゼネラルモーターズは、ドラッカーの提案を
完全に無視しました。そして、2009年日本円にして
約17兆円の負債を抱え、経営破綻しました。

 

隆盛を極めたゼネラルモーターズの経営政策は実効性を失い、
部門間の対立やグループ会社間の確執によって収益はあがらず、
主体的に物事を考える従業員はいなくなっていたのです。
組織の改革は少人数でできるものではありません。
その組織で働く全員がその仕事を
共有しなければならないからです。
次がその3つのです。

 

一つは経営のやり方を変えること

企業は自ら変革していかなければ生き続けることはできません。
今どんなにうまくいっていたとしても、時が経てば、
今のやり方は通用しなくなります。

 

二つ目は、事業の大きさに適した運営をすること

事業の規模に応じて、適切な運営に変えていかなければ
現場が機能しなくなります。組織は不治の機能不全に陥り、
やがて収益をあげることができなくなります。

 

三つ目は、現場に最大限の権限を与えること

組織が大きくなると、一人ひとりが持つ固有の能力は
発揮されにくくなります。リーダーシップは、
すべての階層で発揮されなければなりません。
現場にできるだけ多くの権限を与えて、
現場で判断できるようにしてあげなければ
事業が立ち行かなくなります。

 

その倒産劇は、ドラッカーの言った通りの結果でした。
当時のゼネラルモーターズの経営陣にとって、
ドラッカーの言葉は腹立たしいものだったのだと思います。
しかし、ドラッカーは悪意を持って批判したわけではありません。
善意あって警報を鳴らしたのです。

 

ゼネラルモーターズは、頑なに、
自分たちの正しさを疑いませんでした。
ドラッカーが言ったことは、「理論的に正しいかどうか」
ではなく「現実にうまくいくかどうか」でした。
ドラッカーが「現実的だった」のに対し、
ゼネラルモーターズは「教条的だった」のです。

 

トップマネジメントの仕事は、組織の実態を客観的に把握し、
誰も注意を払わない問題を取り上げることです。
しかし、人は成功すると、他者からの助言を
聞き入れることができなくなります。

 

そして、課題と正面から向き合うことを避け、
不本意な結果を自ら招いてしまいます。
それが、この時のゼネラルモーターズの姿でした。
この事例は、今も多く企業で起こっていることです。
そうならないために、どうすればいいのでしょうか。
それをこの講座でお伝え致しました。

 

最終回のプログラム

 

10:00-12:00 経営のやり方を変える7つの原則

13:00-15:00 事業の大きさに適した運営3つの要諦

15:00-17:00 現場に最大限の権限を与える4つの手順

 

講師

 

ドラッカー専門のコンサルタント 山下 淳一郎
山下淳一郎プロフィール.jpg

コンサルティングファーム出身、上場企業役員を経て、トップマネジメント株式会社を設立。上場企業を始めとして、様々な業種・規模の経営チームにドラッカーの理論を活用するコンサルティングを提供している。一般社団法人日本経営協会専任講師、淑徳大学の経営学講師、デジタルハリウッド大学院大学客員教授、ダイヤモンドビジネスタレント派遣講師を務める。寄稿に『人材育成の教科書』(ダイヤモンド社)『企業と人材』『経済界』『人事マネジメント』等

  • 1987年 ピータードラッカー教授のマネジメントを学ぶ
  • 1998年 独国 Ettlingen Bundesrepublik Deutschland.
  • 1999年 米国 Minneapolis United States of America.
  • 2002年 中小企業 取締役就任
  • 2007年 上場企業 執行役員兼グループ会社取締役就任
  • 2008年 トップマネジメント株式会社 代表取締役就任

 

世界最先端シリコンバレーでの体験記
山下淳一郎2018.jpg

コンサルタント業は「知識の学習」ではなく「現場の研究」です。現場とは企業の中で、そして企業の外で起こっている現実です。企業の中に入り、現場の声に耳を傾けてこそ、その現実の中から実際に役立つものを見つけ出すことができるという想いで取り組んでいます。

  • 2008年 『創業4年目のフェイスブックもそうだった』(>詳しく見る
  • 2011年 『ドラッカー先生のご自宅』
  • 2016年 『グーグル行ってきました』(>詳しく見る
  • 2016年 『アップル本社行ってきました』(>詳しく見る
  • 2017年 『スタンフォード大学』
  • 2017年 『ジョブスの家に行ってきました』(>詳しく見る

 

著書

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
ドラッカー5つの質問 | 山下淳一郎

会社を永続的に成長させていくためにどうすればいいのか―。成功とは挑戦の結果であって、幸運の結果ではない。成功を収めている企業とそうでない企業の違いはどこにあるのだろうか。ドラッカーはこう言っている。「成功を収めている企業は、『われわれの事業は何か』を問い、その問いに対する答えを考え、明確にすることによって成功がもたらされている」「われわれの事業は何か」を問うとは、わが社の事業はどうあるべきかを徹底的に考え抜き、わが社のあるべき姿を明らかにする、ということだ。経営者のそんな仕事の助けとなってくれるのが、「ドラッカー5つの質問」である。

>詳しく見る 

 

 

 

ドラッカーb140.jpg
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方 | 山下淳一郎

経営に関するセミナーや勉強会が全国各地で行われています。それらはすべて「社長一人でがんばることを後押しする内容」であり、社長を失敗する方向へ追い込んでいくものです。ドラッカーはこう言っています。CEOの仕事は、一人の仕事として組み立てることは不可能だということである。それは、共同して行動する数人からなるチームの仕事として組み立てる必要がある。

>詳しく見る 

 

 

 

 

ドラッカーb140.jpg
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方 | 山下淳一郎

ドラッカーはこう言っています。「その範囲、必要とされているスキルと気質、仕事の種類において、トップマネジメントの仕事は一個人の能力を超える。経営書や組織論が何といおうとも、優れた経営を行っている企業にワンマンはいない。それらの企業はCEOのチームをもつ。」本書は「経営学の本」ではなく「経営者の本」です。学説ではなく現実を描いています。本書の内容は「現実を変えるためのもの」です。この本に書かれていることを実践すると、御社のお客様はさらに増え、長期にわたって繁栄していくことが可能になります。

>詳しく見る 

 

 

 

日本に来たドラッカー140207.jpg
日本に来たドラッカー 初来日編 | 山下淳一郎

本書は実話である。「売上のための経営」ではなく「人間のための経営を打ち立てた人物」を描いている。経営を創始し、経営を体系化したピーター・ドラッカーだ。どんなに時代が変わっても、人間にとって大切なことは変わらない。ドラッカーは、そんな大切なことを教え導いてくれる。『ビジョナリ―・カンパニー』の著者、ジム・コリンズはこう語る。この世にあって何がしかの責任を担う者であるならば、ドラッカーとは、いま読むべきものである。明日読むべきものである。10年後、50年後、100年後にも読むべきものである。

>詳しく見る 

 

過去に行なった主なドラッカー講座

 

drucker-cram-school-topmanagement.jpg

 


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
弊社と同じ社名で電話営業している企業様が
ありますが弊社と関係ありません。
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.