ホーム  > よくある質問  > コンサルティングについて  > コンサルタントに何がわかるのか(!?)

よくあるご質問

山下淳一郎がドラッカーに関する質問にお答えしています。


コンサルタントに何がわかるのか(!?)

日本経営協会所有140.jpg

教えてやろうなどとはとんでもないことだ。
それは、こちらの仕事ではない。
こちらの仕事は、お客様を満足させて、またいらしていただくことだ。
コンサルタントとしての私の最大の長所は無知になりいくつかの質問をすることである。
ピーター・ドラッカー

御社にとってふさわしい変革

 

一番ふさわしい考え

コンサルタントに何がわかるのか!。
外部の人間がわが社のことを理解できるはずがない!。その通りです。
御社にとって一番ふさわしい考えがわかるのは、御社の経営者しかいません。
もとより御社の事業について、外部の人間が御社より深い理解に至るはずがありません。
他方、トップの仕事は、「わが社にとって一番ふさわしい考えを決定すること」と
「常に現状を打開すること」に尽きます。
では、なぜコンサルタントが有効なのでしょうか。

 

繁栄を妨げているもの

組織内の人間だけでは現状維持に陥ってしまうのが、現実です。
組織内の人間はみんな頭ではやるべき事はわかっています。
さらなる繁栄を妨げているものは能力やスキルではなく、人間関係による”しがらみ”です。
コンサルタントが有効な一つの理由はその”しがらみ”がないからです。
もう一つの理由は、御社の事業について”無知”だからです。

 

現状を打開するきっかけ

医師はその人の人生について分りませんが、
「医学的な視点」をもって、その人よりその人の身体について分ります。
だから、医師は処方箋を書いたり、治療することができます。
同じように、コンサルタントもその会社の事業について分りませんが、
「専門的な視点」をもって、その会社の経営者より経営については分ります。
だから、コンサルタントは具体策を提示し、
現状を打開するきっかけを起こすことができます。

 

御社にとってふさわしい変革

コンサルタントが持っているものは「専門的な視点」と「客観的な洞察」です。
専門的な視点とは「経営の基本と原則」です。客観的な洞察とは「正しい問い」です。
「経営の基本と原則」を得ることによって適切に考えることができ、
「正しい問い」によって適切な決定に至ります。
その結果、御社自ら御社にとってふさわしい変革を起こすことができます。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.